作曲用のラジカセから伝説を彩ったステージ衣装まで、B’zの貴重なアーカイブを目撃できる大型エキシビジョンの中身

30年の歩みを紐解くB’z初の大型エキシビジョン「B’z 30TH YEAR EXHIBITION “SCENES” 1988-2018」

B’zのデビュー30周年を記念した初の大型エキシビション"SCENES"が、4月1日にグランドオープンを迎えた。彼らの30年の軌跡を、前期(1988年〜2002年 / 4月1日〜5月6日)と後期(2003年-2018年 / 5月11日〜6月15日)に分け、約2カ月半にわたり有楽町インフォスで開催されるファン必見のイベント。昨年12月に発売された「Rolling Stone Japan vol.01」の表紙も大きな反響を集めたが、今回はライターの金子厚武氏によるレポートをお届けする。

デビュー30周年を記念し、30年の歩みを紐解くB’z初の大型エキシビジョン「B’z 30TH YEAR EXHIBITION “SCENES” 1988-2018」が、4月1日から有楽町インフォスにて開催スタートした。これまで見てきたさまざまな風景を振り返りつつ、今もなお未だ見ぬ風景を追い求める2人の姿勢から“SCENES”と名付けられた今回のエキシビジョンは、前期(1988-2002)と後期(2003-2018)に分けて開催され、B’z30年の軌跡を追体験できる必見の内容。ここでは一般公開に先駆けて3月31日に行われた内覧会の模様をレポートしよう。


・ゴールドディスクエリア

松本と稲葉によるWelcomeメッセージから場内に入ると、まずお目見えするのは「ゴールドディスクエリア」。ソロ作品を含む、30年の間に贈られた113枚のゴールドディスクが壁一面に並んだ光景は壮観の一言。デビューアルバムに始まり、初のミリオンセールスを記録したシングル『LADY NAVIGATION』、300万枚以上を売り上げたアルバム『LOOSE』、500万枚以上を売り上げ、社会現象となった『B’z The Best “Pleasure”』から、最新シングル「声明/Still Alive」まで、そのどれもが日本のロック史に名を刻む記念碑的な作品ばかりだ。


・楽器エリア

バイオグラフィーを掲載した「HISTORYエリア」、録音風景をイメージした「レコーディングスタジオエリア」を経て、目玉のひとつである「楽器エリア」と「ライブステージエリア」へ。楽器エリアには松本ソロの曲タイトルとしても知られるストラトキャスター1954(#1090)や、レスポール・ゴールドトップ1956/1958といった希少価値の高いヴィンテージキターが展示され、ライブステージエリアには松本初のギブソン・シグネチャーモデルであるレスポール・キャナリーイエローをはじめとした多数のギターやアンプ、また稲葉のギターやマイクスタンドも並ぶ。


・RockWalkエリア

2007年にアジア圏のミュージシャンとして初めてHollywood’s RockWalkの殿堂入りを果たした際の受賞盾が初公開された「RockWalkエリア」、壁面や天井から吊るされた複数のスクリーンにミュージックビデオやライブ映像が映し出される「ビデオエリア」を抜けると、華やかな「衣装展示エリア」へ。今でもファンの間で語り草となっている「LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」での稲葉のダイブ時の服装など、ライブの歴史がよみがえる数々のステージ衣装は必見。また、「2001-ELEVEN-」と「2003-The Final Pleasure-」という、大掛かりなセットが印象的だったふたつのLIVE-GYMを再現した「ステージ模型エリア」も併設されている。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE