中邑とWWE王者AJスタイルズが対峙、レッスルマニアへ向けて火花散らす

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.


“女帝”アスカと“女王”シャーロットが対峙


©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ついにスマックダウンのリングで“女帝”アスカと“女王”シャーロットが対峙した。笑顔で登場したシャーロット・フレアーは「チャンピオンは常に狙われる。私はアスカの指名に興奮しているし、とても光栄だ」とレッスルマニアの王座戦の心境を語り、さらにそこへアスカが現れるとシャーロットは「アスカは“明日の女帝”と呼ばれてるけど、“女王”と対戦したらどうなるか。その答えがレッスルマニアで出る。アスカの連勝記録を止めて私の伝説を作るわ。Woooo!!」と父リック・フレアーと同じ決め台詞で会場を沸かせた。これにアスカは「私はチャレンジが好きだからシャーロットを指名した。シャーロットは“女王”。だけど“女帝”の私はお辞儀をしたりしない。誰も私には敵わない」とスマックダウン女子王者にも全く物怖じすることなく、レッスルマニアでの勝利を予告した。アスカは無敗のままシャーロットに勝利し、スマックダウン女子王座を獲得することができるのか。

ヒデオ&戸澤がタッグ戦2連勝


©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

先週に続き、イタミ・ヒデオと戸澤陽が、205 Liveでタッグを組んで覆面タッグチーム、リンセ・ドラド&グラン・メタリック組と対戦した。ヒデオは串刺しのニー、戸澤はトップロープからミサイルキックをドラドに決めて試合を優勢に進めるも、メタリックに交代するとその華麗な動きでヒデオは翻弄されてしまった。しかし、メタリックがアクシデントで左足を痛めると、そのチャンスにヒデオはすかさずメタリックを捕まえて、ドラゴンスリーパーの体勢からヒザを叩き込んで3カウント。ヒデオと戸澤組は2試合連続のタッグ戦を勝利で収めた。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE