エリック・クラプトン新作ドキュメンタリー映画からわかる10のこと

エリック・クラプトンの新しいドキュメンタリー映画『Eric Clapton: Life in 12 Bars』(Photo by Getty Images / Courtesy of SHOWTIME)

移り気なクリームからジョージ・ハリスンとの複雑な関係まで、クラプトンの新しいドキュメンタリー映画『Eric Clapton: Life in 12 Bars』から読み取れる数々の事実とは?

リリー・フィニー・ザナック監督の『Eric Clapton: Life in 12 Bars』は、ポピュラーカルチャーにブルーズを浸透させるというミッションにひたむきに取り組むギタリスト、エリック・クラプトンを追ったドキュメンタリー映画だ。60年代のクラプトンは、共にブルーズを追求する真の仲間を求め、無謀とも言えるペースでバンドからバンドへと渡り歩いた。10年足らずの間に、ザ・ヤードバーズ、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク・アンド・ザ・ドミノスに参加し、ヒット曲を書き、その後脱退や解散、を繰り返した。バンド仲間は目的達成のための手段にすぎず、クラプトンにとってはブルーズへの傾倒がすべてだった。

『Life in 12 Bars』はまた、クラプトンの幼少時代のトラウマにも迫っている。母親が彼の元を去ってからクラプトンは、祖父母に育てられた。この母親からの拒絶が、その後の彼の恋愛問題や、数十年に渡って苦しんだ薬物依存に繋がったと思われる。同ドキュメンタリーは関係者のインタヴューを極力排除し、クラプトン本人によるナレーションや、過去の映像を多く採り入れている。北米でのライヴ中に荒れるクリーム、デレク・アンド・ザ・ドミノス唯一のヒットアルバムへ向けてのレコーディングセッション中にくつろぐクラプトンと仲間たちを撮影したホームムービー、酔ったクラプトンがステージ上で平常心を保とうとしている1970年代の姿、1990年代にグラミー賞を受賞し成功したMTVアンプラグド・アルバムの曲をプレイするクラプトンなどの映像が収められている。


Getty Images / Courtesy of SHOWTIME

しかし、ドキュメンタリーの中心はあくまでも、クラプトンによるブルーズへの確固とした思い入れだ。「ブルーズに関して、彼に勝てる人間はいなかった」とメイオールは証言する。2018年2月10日にShowtimeで放送されたドキュメンタリーには、絶好調の時もどん底の時も、良い時代も悪い時代もずっと、ブルーズが彼を支えていた様子が描かれている。以下に、同映画からピックアップした印象的な10の事実を紹介する。

Translation by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事