米フロリダ高校銃乱射の容疑者ニコラス・クルスとは何者か

銃撃犯のものとみられるInstragramにアップされていた画像は、銃、ナイフ、動物の死骸だらけだった(WPTV)

米現地時間2月14日、フロリダの高校で起こった銃乱射事件。容疑者とされるニコラス・クルスのInstragramには、銃、ナイフ、動物の死骸ばかりがアップされていた。さらに白人至上主義に傾倒していたとも言われており、事件当日は「バレンタインデーには学校へ行かない」と発言している。

2018年2月14日(現地時間)、フロリダの高校で発生した銃乱射事件の容疑者ニコラス・クルス(19)は、物静かな変わり者だったという。いくつかの学校を退学になり、白人至上主義団体Republic of Florida(フロリダ共和国)に所属していたとも言われている。

事件当日クルスは、フロリダ州パークランドにあるマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校を銃撃し、17人を射殺。米国史上最も悲惨な学校での銃撃事件のひとつとなった。犯行には、セミオートのAR-15ライフルが使用された。

「多くの人たちが、彼(クルス容疑者)は何か事件を起こすのではないかと言っていた」と、ある学生が証言した。クルス容疑者は前年に同高校を退学処分にされていた。「彼は学校を銃撃するのではないか、と皆が噂していた」

以下に、クルス容疑者について判明している事実や、今回の悲劇的な銃撃事件を引き起こした背景についてまとめた。

1.クルス容疑者と弟のザッカリーは、まだクルスが幼児の頃、ある老夫婦の養子となった。

養父は10年以上前に他界したが、養母であるリンダ・クルスは2017年11月に肺炎により68歳で亡くなったばかりだった。養母の死後、クルス容疑者はフロリダ州パームビーチ郡にある友人の家族宅にしばらく身を寄せた。しかしクルスは、友人の寝泊まりしていたモービルホームへ移りたいと言い、友人とその両親は承諾。クルスはその後間もなくモービルホームで友人と暮らし始めた。

クルス容疑者の弁護人となったジム・ルイスによると、友人の家族は住居を与えるだけでなく、高卒認定プログラム(GED)を受講し、仕事を見つけるように勧めた。彼は家族の勧めに従い、地元のダラーツリー(ディスカウントストア・チェーン)で働き始めた。「彼は上手くやっているように見えたという」とルイス弁護士はCNNに語っている。クルスは養母の死で落ち込んでいた、と弁護人は説明する。養母のリンダは、クルスの乱暴な行為に手を焼き、警察を呼ぶことがたびたびあったという。

2.同居家族は容疑者が銃を所持していることを承知していた。

ルイス弁護士によると、クルス容疑者が居候していた家族は、鍵付きの保管庫内に入れておく条件で、家の中に銃を置くことを許したという。「問題児を引き取り、彼を支援しようとしていた家族は、そうするのが正しいことだと思っていた」と弁護人はニューヨーク・タイムズ紙に語っている。クルスは事件の前年、身元調査にもパスし、事件に使用した小銃を合法的に購入した。

3.クルス容疑者は事件の前年、校内でのナイフ所持によりダグラス高校を退学処分にされたという。

学校関係者はクルスの退学理由についてのコメントを拒否しているが、娘が彼と同じ学校に通っていたという母親がニューヨーク・タイムズ紙に語ったところによると、クルスは校内に武器を持ち込んだため退学処分を受けたという。

「娘の友人たちによると、クルスはいつも精神的に不安定で、動物を虐待しているのではないかと噂されていた」という。また別のクラスメイトがCNNに語ったところによると、2年生の時にグループプロジェクトに一緒に取り組んだ際、クルスはクラスメイトと打ち解けて話をしていたという。「彼はそれ以前に2つの私立高校を退学になったと言っていた。2度失敗しているが、彼は軍隊に入りたがっていた。彼はハンティングが好きだった」

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事