ジェニファー・ローレンス、腐敗した政治体制とトランプを批判

前米国連邦選挙委員会会長トレバー・ポッターを相手に政治腐敗で冗談を飛ばしたの女優ジェニファー・ローレンス。 (Photo by Erika Goldring/Getty Images)

米チュレーン大学での政治サミットで、女優ジェニファー・ローレンスは前アメリカ連邦選挙委員会会長トレバー・ポッターを相手に政治腐敗で冗談を飛ばし、トランプ大統領を批判した。今こそイデオロギーを超えて、政党を超えて、皆が力を合わせる時」。

2日と3日、ジェニファー・ローレンスは、ルイジアナ州ニューオリンズにあるチュレーン大学で初めて開催された政治サミットで、政治家の汚職を非難し、二大政党主義こそがアメリカ国民が進むべき道と語った。

2日、オスカー女優のローレンスは、前アメリカ連邦選挙委員会会長トレバー・ポッターと壇上に上がり、いつものように華やかな魅力を振りまきながら、自身のような“ハリウッドのエリート”がどうすれば世間の変化を加速できるのかなど、皮肉と冗談交じりの質問を言い放った。

「候補者や政治活動委員会がルールを破ったら、罰は何でしょうか? 膨大な罰金とか?」と、イベントの途中でローレンスが尋ねた。それに対してポッターは、連邦選挙委員会はこれまで一度もその件について考えたことがないと答えた。理由は「そういう事例が発生したのを一度も見ていないから」。

これを聞いたローレンスは、わざとらしい演技でうろたえる振りをして叫んだ。「えっ、一度も見ていない? 委員会の方々は目が見えないに違いないですね。これは困ったわ」。

翌3日の夕方、映画『レッド・スパロー』の主演女優ローレンスはUnrigged Live(※「八百長じゃないライブ」の意味)と銘打ったライブ・イベントのホストとして再登場した。このイベントでは、プリザベーション・オール・スターズやハニーハニーによる音楽のライブ演奏、スタンドアップ・コメディアンのティグ・ノタロ、ニッキー・グラサー、アダム・イェンサーによるコメディ、リチャード・ペイター教授、非営利団体Our Revolution会長ニナ・ターナー、宇宙飛行士ロナルド・ガラン、活動家デズモンド・ミードなどによる短いスピーチが行われた。

また、このイベントではローレンスも、賄賂の授受などの政治汚職をなくすためには皆の協力が不可欠なこと、自身が会員でもある非営利組織Represent.Usの活動目的を語り、観衆の心を打つスピーチを述べた。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事