エルトン・ジョン、ツアー活動の終了を表明

殿堂入りした70歳のエルトン・ジョンは、長期ツアーを最後に、ツアー活動の終了を発表した (Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images)

2018年1月24日(米現地時間)に行われた感動的な会見でエルトン・ジョンは、3年間に渡る「Farewell Yellow Brick Road」ツアーを最後に、ツアー活動の終了を宣言した。

「これを最後にツアーには出ないと思う」とジョンは、ニューヨークのゴッサム・ホールでの会見で司会を務めたアンダーソン・クーパーに語った。「コンサートツアーや世界旅行にも出る気はない。自分の中でプライオリティが変わったんだ。僕には小さな子どもたちがいる」と語ったが、ファンにサヨナラを言うため、3年間に渡る『Farewell Yellow Brick Road』と銘打った300回のコンサートツアーを実施するという。「クリエイティブな活動をやめてしまう訳ではないんだ。でもこれを最後に旅に出ることはないだろう。湿っぽくしたくない。ドーンと行きたいんだ。これまでで最も創作レベルが高く、ファンタスティックなショーになると思う」

会見の冒頭で主催者はVRヘッドセットを配布し、参加者は5分間に凝縮したジョンのキャリアをバーチャルリアリティで楽しんだ。トレードマークであるきらびやかなスーツとサングラスを身に着けたシンガーがピアノの前に座り、『可愛いダンサー』を甘く歌う。さらに1983年のヒット曲『アイム・スティル・スタンディング』をシンプルなバージョンで披露した。

シェール、キッス、オジー・オズボーンなど、フェアウェル・ツアーを行った多くのアーティストが、数年後にツアーへ復帰している。しかしジョンは「僕はシェールじゃない」とツアーへの復帰を否定する。2021年にフェアウェル・ツアーを終えた後に長い休暇を取り、曲作りやレコーディングは続けるつもりだという。「僕は71歳になろうとしている。肉体的にこれ以上ツアーを続けるのは無理だ。家にいたい。子どもたちと家で過ごす時間を作りたいんだ。これまでの人生は驚くべきものだった。でも人生は変わるものなんだ」

Translation by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事