トム・ペティの死因が判明、妻と娘が声明発表「不幸な事故だと確信してる」

トム・ペティの死因は処方された薬剤の過失による過量摂取と判明した(Dean Fardell / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images)



彼の死後、数多くのアーティストがコンサート中にトム・ペティを追悼した。カントリー歌手のジェイソン・アルディーンはサタデー・ナイト・ライブに音楽ゲストで出演したとき、ペティの『アイ・ウォント・バック・ダウン』を歌った。ボブ・ディランはコロラド州ブルームフィールドでのコンサートでペティの『ラーニング・トゥ・フライ』を演奏した。デイヴ・マシューズ、エミルー・ハリスなどのアーティストたちは、ワシントン州シアトルで行われた慈善興行で「逃亡者」(原題:Refugee)を歌った。また、ペティのアルバム『Greatest Hits』は彼の死後、ビルボード・チャートの2位に浮上した。

2017年10月16日、カリフォルニア州パシフィック・パリセーズにて密葬が執り行われ、彼は永遠の眠りについた。

ペティの遺族は、彼の死がきっかけで“オピオイド危機”(※鎮痛剤オピオイドの乱用による中毒と過剰摂取による死亡)の理解が広まることを願っている。「家族全員、今回の死因報告書がオピオイド危機に関するさらなる議論のきっかけになる可能性があると考えている。また、これは正しい議論であり、必要な議論だと感じている。そして、この報告書が何らかの形で命を救うことになることを願っている」と声明の中で述べている。「過剰摂取を始めてしまう人の多くは、怪我などの正当な理由がきっかけのこともあれば、単純に鎮痛剤の効能と死を引き起こす特性を理解していなかったりするのである」

Translated by Miki Nakayama

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE