闇をくぐり抜けた「今」のLUNA SEAが描く新ビジョン

2017年12月23日(土)、さいたまスーパーアリーナのステージに立つLUNA SEA(Photo = LUNA SEA Inc.)

2017年12月23日(土)、さいたまスーパーアリーナで開催された「LUNA SEA The Holy Night 2017」。2018年1月27日(土)から全国ツアーをスタートさせる彼らのステージの模様をレポート。



2017年12月23日、天皇誕生日の祝日。天気も良く、ここ一両日に比べ少しだけ暖かったせいもあってか、クリスマスムード一色の街には人が溢れかえっていた。みんなカラフルなコートやマフラーを身につけている。でも、「LUNA SEA The Holy Night 2017」が開催されるさいたまスーパーアリーナに到着すると景色が一変する。SLAVEと呼ばれるLUNA SEAファンの服装は黒ずくめだからだ。ふと、今年流行語大賞をとった「インスタ映え」という言葉を思い出す。会場に集まっている黒服のSALVEたちは、ありていに言えば“ノン・インスタ映え”で、だから僕は安心するし、好きだ。表層的なインスタ映えなんかを気にしないSLAVEを見ていると、個として強く、安易な明るさに寄りかからず、暗闇の先の本質を探しているのだろうと共感を抱いてしまう。そして、LUNA SEAというバンドは実にそういう精神性のバンドだ。




LUNA SEAは結成以来、表層的な明るさを拒否し、自分たちにしか鳴らせない深淵な音楽を追求し、前人未踏の世界を短期間に開拓してきた。その世界を切り開くために費やしてきたエネルギーはすさまじく、結成から11年のタイミングでメンバーは擦り切れ、終幕というカタチで事実上活動を止めることになった。実際5人のメンバーのうち2人は、猛烈な活動、あるいはその後にきた終幕を迎えて、精神的に疲弊したことを筆者に別メディアで告白してくれている。そんな闇をくぐり抜けてきたLUNA SEAにしか出せない希望の音、歌があるから、SALVEはLUNA SEAを求め続けてきたと思っている




RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事