トム・ヨーク、LAのソロ公演で未発表曲を披露

小規模なソロ・ツアーをスタートさせたトム・ヨーク

小規模なソロ・ツアーをスタートさせたトム・ヨークは、その初日となるロサンゼルスのフォンダ・シアター公演で、複数の新曲を初披露した。

初公開となった新曲の一つは「I’m a Very Rude Person.」と題されている。客席から撮影された動画では、曲をやり直す場面が見られながらも、“I have to find some way to escape(脱出する方法を見つけないといけない)”と歌う彼の姿が捉えられている。また当日は「Saturdays.」という別の新曲も披露された。

レディオヘッドのフロントマンを務めるトム・ヨークは同公演で、2015年に作られたレアトラック「トゥー・フィート・オフ・ザ・グラウンド」のライブバージョンを含む、複数の未発表曲をプレイしている。

レディオヘッドは9月に『OKコンピューター』制作時にレコーディングされながらも未収録となった「リフト」のミュージックビデオを公開した。今年リリースされた『OKコンピューター』20周年記念盤には、同曲がボーナストラックとして収録されている。


Consequence of Soundによると、小規模なソロ・ツアーをスタートさせたトム・ヨークは、その初日となる火曜日に行われたロサンゼルスのフォンダ・シアター公演で、複数の新曲を初披露した。(Pitchforkより)


Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事