史上最高の「クリスマス・ソング」16選

ポール・マッカートニー「ワンダフル・クリスマスタイム」ジャケット写真



アル・ヤンコビック「ザ・ナイト・サンタ・ウェント・クレイジー」


Photo by Bob Berg/Getty

アル・ヤンコビックは通常誰でも楽しめる曲を提供しているが、1996年リリースのこの曲はかなりきわどい。ソウル・アサイラム「ブラック・ゴールド」のリズムに乗せて、ヤンコビックは「サンタは火炎放射器を持ち、ブリッツェン(トナカイ)をBBQにした/その後、肉にかじりつき、"鶏肉みたいな味だな"と言った」と歌っている。


ダーレン・ラヴ「クリスマスタイム・フォー・ザ・ジューズ」

2005年の『サタデー・ナイト・ライヴ』で、ラヴはユダヤ教徒だけのためのクリスマスソングのレコーディングを行った。ユダヤ教徒がクリスマスの日に全米で自由気ままに行動するユダヤ教徒を描いた滑稽な短編アニメで、ラヴはクリスマスを祝わないことで得られる多くのメリットを歌っている。「ついに列に並ばずにキング・コングを観れるわ」「中華料理店でご飯を食べて、甘いワインを飲めるのよ」もその一部だ。




RUN-D.M.C.「クリスマス・イン・ホリーズ」

Photo by Michael Ochs Archives/Getty

RUN-D.M.C.の「クリスマス・イン・ホリーズ」はラップのクリスマスソングの草分け的な曲であり、クイーンズにある同グループの故郷に捧げたものだ。1987年リリースのスペシャルオリンピックスを支援するチャリティアルバムにU2、ボン・ジョヴィ、そして、スティングの曲とともに収録されている。


Translated by Rolling Stone Japan

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE