史上最高の「クリスマス・ソング」16選

ポール・マッカートニー「ワンダフル・クリスマスタイム」ジャケット写真



バンド・エイド「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」



1984年、ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロがエチオピアの飢餓問題の救済に立ち上がり、イギリスの一流ロック・ミュージシャンを大勢集め、クリスマスソングのレコーディングを行った。この一度きりのスーパーグループには、ボノ、フィル・コリンズ、ボーイ・ジョージ、スティング、ジョージ・マイケルを含む大物ミュージシャンが名を連ねている。この曲は大ヒットし、翌年にはライヴ・エイドが行われている。リリースから20年が経過しているが、今もボノが担当したフレーズ「Tonight thank God it’s them instead of you(今夜は自分が苦しまずに済んでいることを神に感謝しよう)」の真意を大勢の人達がつかめずにいる。



ポール・マッカートニー「ワンダフル・クリスマスタイム」


1979年、ポール・マッカートニーがシンセを駆使した「ワンダフル・クリスマスタイム」をリリースした時、ウィングスは解散直前の状態であった。この年は最高のクリスマスを過ごしたのかもしれないが、翌年は年明け早々に痛い目に遭っている。1980年の1月、日本の空港で約220グラムの大麻の不法に所持していたことが分かり、逮捕されたのだ。ポールは釈放されるまで10日間を留置場で過ごした。



ボビー・ヘルムズ「ジングルベル・ロック」

Photo by GAB Archive/Redferns

この最強のロカビリー・クリスマスソングをレコーディングしたのはナッシュヴィルのボビー・ヘルムズだが、この曲を作ったのは実は広告会社のお偉いさんと広報を務める人物であった。1983年、ダリル・ホール&ジョン・オーツがこの曲をカバーし、大ヒットを記録している。



Translated by Rolling Stone Japan

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE