イギー・ポップが語る5つの逸話:ボブ・ディランもどきへの嫌悪、ジョー・ペリーとの出会い

イギー・ポップがツアーの思い出やバンドの歴史を振り返る伝記『Total Chaos』、11月15日にサードマン・ブックスより発売(Photo byPatrick Pantano)

伝記『Total Chaos』の発売に先駆け、イギー・ポップが明かすロックスターならではの逸話の数々とは。

正装したイギー・ポップが本屋で着席している姿を目にする機会はそうないだろう。しかし去る金曜の夜、マンハッタンのRizzoli Booksに足を運んだ人々が目にしたのは、まっすぐに伸びたオンブレヘアーの間から皺の寄った顔を覗かせ、自宅があるマイアミの太陽の下で黄金色に日焼けした胸元をさらした彼の姿だった。集まったファンを前に、彼はミシガン州アナーバーの「ヒルビリー・ハイウェイ」で過ごした幼少時代、MC5とのツアー、デヴィッド・ボウイやジョン・ケイルとのレコーディング、そしてKマートで購入したステージ衣装など、数々の秘話を披露してみせた。

新作『ポスト・ポップ・ディプレッション』の発表、そしてドキュメンタリー『Gimme Danger』の公開と、2016年のシーンを賑わせたポップには、現在もうひとつ大きなプロジェクトが控えている。彼自身の口述に基づいた伝記『Total Chaos』を11月15日に発売するサードマン・ブックスのチェット・ワイズによると、同書にはジョシュ・オムやジョーン・ジェット、デイヴ・グロールやジョニー・マーといった、ストゥージズのファンを公言するミュージシャンたちによるエッセイだけでなく、構想に5年を費やしたワーナー・ブラザーズ元社長のジェフ・ゴールドとポップとの対談が収録されているという。


『Total Chaos: The Story of the Stooges』サードマン・ブックス

A&Mレコーズに在籍した1986年に仕事を共にした2人は、同プロジェクトの企画にあたってストゥージズの思い出について語り合っただけでなく、バンドにまつわる様々な品を互いに持ち寄ったという。「2.5ドルのチケットを買って観に行った1973年のショーで、彼はアナルセックスについての曲を30分延々と続けた挙句にぶっ倒れた」ポップとの信頼関係と友情を築いた経緯について記された同書の冒頭で、ゴールドはそう綴っている。2人の対談で明らかになった、知られざる5つの逸話を以下で紹介する。

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事