ルー・リードの必聴アルバム

興奮状態のヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代からワイルドなソロ時代、さらにコラボ作品まで、ルー・リードの膨大なディスコグラフィーから厳選した作品を徹底分析 (Photo Gijsbert Hanekroot/Redferns)


印象の薄いアルバムの中の傑作

「オーシャン(原題:Ocean)」
アルバム『ロックの幻想(原題:Lou Reed)』(1972年)より


幻想的なヴェルヴェット・アンダーグラウンド後期をうかがわせるリードのデビュー・アルバムに収められた曲のひとつ。どらの音で始まるこの曲には、プログレッシヴ・ロックの雄イエスのリック・ウェイクマンがドラマチックなピアノを聴かせている。


「キル・ユア・サンズ(原題:Kill Your Sons)」
アルバム『死の舞踏(原題:Sally Can’t Dance)』(1974年)より


半自伝的な内容で、教養のない両親が子供に電気ショック療法を受けさせようとする。コック・ロックのギターソロが自由に疾走する。


「警鐘(原題:The Bells)」
アルバム『警鐘(原題:The Bells)』(1979年)より


崖の上に立つ男を歌ったこの崇高なジャズ・エレジーに、リードはトランペッターのドン・チェリーを招いた。当時はリード自身もまさに崖っぷちだった。


「ポジティヴ・ドリンキング(原題:The Power of Positive Drinking)」
アルバム『都会育ち(原題:Growing Up in Public)』(1980年)より


暗く滑稽な酒飲み賛歌であり、自己中心的な自己弁護の歌。「酒は脳細胞を殺すと誰かが言う/どうせそうなるのなら、ベッドから出て(飲みに行ってやろう)」


「アイ・ラブ・ユー、スザンヌ(原題:I Love You, Suzanne)」
アルバム『ニュー・センセーションズ(原題:New Sensations)』(1992年)より


80年代に入ってリードはサウンドをがらりと変えた。歯切れのよいファンク・ロックをベースにしたシャングリラス風のヒット狙いの曲。


「スウォード・オブ・ダモクレス — 外面的に(原題:Sword of Damocles – Externally,)」
アルバム『マジック・アンド・ロス(原題:Magic and Loss)』(1992年)より


アルバムを通じて差し迫る死を直視する。癌と放射線治療を歌ったエレジー風のフォーク・ロック。冷淡さと贖罪の両面を歌った曲。


「セット・ザ・トワイライト・リーリング(原題:Set the Twilight Reeling)」
アルバム『セット・ザ・トワイライト・リーリング(原題:Set the Twilight Reeling)』(1996年)より


ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの短期間の再結成あたりから、アーティストのローリー・アンダーソンとの関係が発展していった。再生を歌ったこの曲はバラードで始まり、最後はアンプのボリュームが上がっていく。


「ロック・メヌエット(原題:Rock Minuet)」
アルバム『エクスタシー(原題:Ecstasy)』(2000年)より


自己嫌悪と殺人的な怒りを語る。2016年にオーランドのゲイ・ナイトクラブで発生した銃乱射事件と恐ろしいほど呼応する。


「パーフェクト・デイ(原題:Perfect Day)」
アルバム『ザ・レイヴン(原題:The Raven)』(2003年)より


アルバム『トランスフォーマー』にも収録されていた印象的な1曲を、エドガー・アラン・ポーへのトリビュート・アルバムで再レコーディングした。リードの遺産相続人のひとりでもあるアントニー(ヘガティ)が、アヴァンギャルドなクルーナー唱法を披露している。

Translation by Smokva Tokyo

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE