The 1975のマシューが語る、テイラー・スウィフト、ドラッグ、ロックについて

テイラー・スウィフトがライヴに来てくれた時のことなどを語る、The 1975のマシュー・ヒーリー。Photo by Spencer Henry


─グーグルであなたの名前を検索すると、テイラー・スウィフトのストーリーが出てくるのですが、会ったのは一度だけで、テイラーが1975のTシャツを着てただけとか?

あるインタヴューで、付き合ってないって言ったんだけど、ペレス・ヒルトン(※アメリカのゴシップ・ブロガー)みたいな最悪なヤツが、文脈を無視して僕がまるでディスってたみたいな言葉に変えて使ったんだ。彼女はライヴに来てくれたんだけど、バラク・オバマが登場したみたいな感じだった。この世界で、そういう反応を引き出せる人なんて他には知らないよ。ひょっとしたら、カニエがそうかもしれないけど、でも彼でさえそんなことはできない。今、2人の世間のイメージが一緒だっていうから、変だよね。

─ナンバーワン・アルバムを獲得したロックバンドのフロントマンとして、ジーン・シモンズなど「ロックは死んだ」という人をどう思いますか?

自己認識なしのロックスターの時代は死んでる。何からも切り抜けれて、そのことを称賛される時代は死んでる。インターネットのおかげで、みんなが他のみんなの正体を見破ることができるでしょ。誰があのジム・モリソンだって、出ていくことができる?世界はそんなことを許さないから、(スターダムは)謙虚さと自己認識、僕の場合は不器用さを少し取り入れる必要があるんだ。

─ソロ・アルバムをいつか出すと思いますか?

思わない。メンバーが僕の邪魔をしてるとかそういうのじゃなくてね。新しい創造力の表現方法が欲しい時に、そういうことが起きるんだと思うんだ。僕は、ただ違うサウンドの1975のアルバムを作るよ。

上半身裸でのパフォーマンスが好きなようですが、どのようにシャツを着るか着ないかを決めているのでしょうか?

現実的なことなんだ。ほら、ライヴ中はかなり暑くなるけど、ツアーバス生活の間に服が全部汗まみれってのは嫌でしょ。有名になってきた今は、ライヴの後に服をドライクリーニングできるんだけどね。

─サタデー・ナイト・ライブでは、上半身裸でやることを選択しましたね。

あの夜は特に反抗的になりたかったんだ。自分では、皮肉屋で破壊的だと思ってたけど、カンザスのみんなは、僕が正真正銘のバカ野郎だと思ったみたいなんだ。

Translation by Miori Aien

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE