ジャスティン・ビーバーが2パックをカヴァー、アコギ弾き語りも披露

ジャスティン・ビーバーが、BBC Radio 1の"ライヴ・ラウンジ"で、2パックの『サグズ・マンション』を鮮やかに、シンプルにカヴァーした。

ジャスティン・ビーバー、BBCライヴ・ラウンジのセットで、2パックの『サグズ・マンション』と共に、アコギ弾き語りで、トレイシー・チャップマンの『ファスト・カー』も演奏。

ジャスティン・ビーバー、BBC 1のライヴ・ラウンジで、2パックの『サグズ・マンション』の心打つカヴァーを披露、トレイシー・チャップマンの『ファスト・カー』も演奏した。

アコースティック・バージョンの『サグズ・マンション』のメロディーを最小限まで削ぎ落としてプレイするギター奏者1人だけをバックに、ビーバーは虚ろな気だるさで2パックのヴァースを吐き出し、この歌の切ないフックには少しだけ強いソウルをプラスしている。

ライヴ・ラウンジのセットで、ビーバーはトレイシー・チャップマンの『ファスト・カー』もカヴァー。ビーバーはパーパス・ツアーでもこの曲を演奏している。また、自身の曲『レット・ミー・ラヴ・ユー』、『ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?』、『ラヴ・ユアセルフ』、そしてメジャー・レイザーとのコラボである『コールド・ウォーター』も演奏した。

ビーバーの2パックへの愛は長い間何度も語られている。2014年にはフランスのクラブで『ディア・ママ』に合わせてラップしているところをフィルムに収められている。2015年のビルボード誌の特集では、ビーバーは自身の子供時代について「僕はステージで跳ねまわったりするとか、なんでもする恐れを知らない子供だった。僕の父は"2パックのヴァースをラップしたら"って言うから、僕は『サグズ・マンション』を歌ったんだ。8歳ぐらいの時だったよ」。

2パック『サグズ・マンション』


トレイシー・チャップマン『ファスト・カー』も演奏

Translation by Kise Imai

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事