ローリングストーン誌がオススメする、この夏に聞いてほしい曲7選!

プロフェッツ・オブ・レイジ、ジャミラ・ウッズ、アーケイド・ファイアのウィン・バトラーの楽曲などが入った、ローリングストーン誌の最新プレイリストを聞く。(Photo by Zoe Rain, Alex Markow/Getty, Erika Goldring/WireImage/Getty)





ジャスティス『Safe And Sound』
フランスのEDMデュオが、長い休止期間を終えて戻ってきた。このくどいハウスビートの曲は、世界のダンスフロアが失っていたものを呼び起こしてくれる。



マーサ『Ice Cream and Sunscreen』
"君は花火を上げて7月の空を照らしたいのだろう/僕は君が絶対に欲しがらないようなしけたマッチ箱だった"と、愛らしいUKインディ・ロック・バンドはしょんぼりとギターをかき鳴らしながら、激しいパンクロックへと変調する。驚くほど素晴らしい夏嫌いの音楽である。


 (Photo by Jordi Vidal/Redferns)

ウィン・バトラー『K33p Ur Dr34ms』
アーケイド・ファイアのフロントマンは、スーサイドのアラン・ヴェガによる突然変異バラード『Dream Baby Dream』の穏やかだが不気味なリミックスを作り、彼の死を悼んでいる。この曲は、パンク・アイコンへ送る美しい別れの歌である。

Translation by Shizuka De Luca

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE