レッチリ、カリフォルニアのスケーターが登場する最新MV『ダーク・ネセシティーズ』を公開

オリヴィア・ワイルド監督による、カリフォルニアの夏の雰囲気が漂うMV

女優オリヴィア・ワイルドが監督を務めた、南カリフォルニアの夏を思わせるスケーターが登場するレッド・ホット・チリ・ペッパーズの最新ミュージック・ビデオ『ダーク・ネセシティーズ』が公開。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズが、6月16日にFacebookで新曲『ダーク・ネセシティーズ』のミュージック・ビデオを公開した。同ミュージック・ビデオは、米ドラマ『Vinyl(原題)』に出演している女優のオリヴィア・ワイルドが監督を務めた。オリヴィアは2016年初旬に、エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロス のミュージック・ビデオ『No Love Like Yours(ノー・ラヴ・ライク・ユアーズ)』で監督デビューを果たしている。

オリヴィアは、ミュージック・ビデオ撮影時のオフショット写真を、Instagramでファンと共有してきた。激しくドラムを叩くチャド・スミスの写真には、「曲の2倍の速さでドラムを叩いて欲しいという私の要求に、ドラム・キットをこれでもかってくらい思いっきり叩いて応える昨夜のチャド・スミス」というキャプションが添えられている。『ダーク・ネセシティーズ』のミュージック・ビデオには、女性ロングスケートボーダーのカルメン・シェーファー、アマンダ・カロイヤ、アマンダ・パウエル、ノエル・マリガンが出演している。

街中でスケートボードをする4人を追うカメラは、彼女たちの切り傷や打撲傷を映し出す。一方のバンドメンバーはというと、彼女たちに比べて容易い役割を与えられている。アンソニー・キーディスはいつも通り上半身裸で歌い、フリーは台所の流しに座り、食器洗い用のゴム手袋を付けた手でベースを演奏している。

Translation by Miori Aien

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事