レディオヘッド、『Creep』を7年ぶりにライブで演奏

レディオヘッドは5月23日、パリで行われたコンサートでヒット曲『Creep』と『No Surprises』を演奏した。この2曲をライブで演奏するのは、2009年以来初めてのことだ。 (Photo by David Wolff - Patrick/Redferns)


懐かしいこの2曲の他にも、ル・ゼニスで行われた2回のショーの初日のこの日、ファンから長年愛されている『True Love Waits』の“ムーン・シェイプト・プール”バージョンが初めてライブで披露された。『Everything In It’s Right Place』の導入のような短縮版などではなく、『True Love Waits』は独立した楽曲としてフル演奏されたが、これは2006年以来初めてのこととなる。

また、レディオヘッドの2016年ツアーの3日目となるこのコンサートは、1度のコンサートで彼らの9枚のスタジオ盤すべてから、少なくとも1曲を演奏した初めてのものとなった。

レディオヘッドは、8月20日(土)大阪、8月21日(日)東京にて開催される、サマーソニック2016にてヘッドライナーを務める。



Translation by Kise Imai

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事