プリンス、未発表独占インタヴュー:「死はこの世を去るって意味じゃないと思ってる」

2014年に行われたローリングストーン誌未発表インタヴューで性、音楽、死について語ったプリンス。(Courtesy of Prince)


リタイアについて:

─将来リタイアは?

それが何なのか分からないな。俺ができることが常にあるし、それに職を持ってるって思ったことは一度もない。

─70代、80代でも音楽活動を続けているってことでしょうか?

ほら、寿命って長くなってるよね。人間が物事の知識をより深めてきたからなんだ。だから脳がもっと活性化して繋がりができた。頭の中に全ての情報を保存できるようになったら、人間は永遠に生き続けれるんじゃないかな。


性について:

─久しぶりに、性について曲作りをしてるようですね。

分析できるテーマってたくさんあるけど、結局のところ、全部が性についてなんだ。セックスって言葉の本来の意味は、結合と交流。でも"セックス"みたいな言葉は、いろんな形で間違って使われてるでしょ?おかげで、それについて歌うことが難しくなってる。そういう言葉を誤解されずに受け取ってもらえるように歌うのは、不可能なんだ。でも俺は君にギターを弾きながら歌うことができる。その時、君が耳にするのは性についてなんだ。とびきりの女性を目の前にした時に、表現するための形容詞を全部使い果たしたような感覚になるはず。

─禁欲主義者だと言ってましたよね。

うん、俺は禁欲主義者だね。

─本当に?

禁欲主義って全部が肉体的なことで、それは他のことにも変化する。性欲はエネルギーでしょ。やったりやらなかったり。断食みたいなもので、訓練して、だんだんできるようになるんだ。でもパーフェクトな人なんていないわけで・・・。断食を4日続けると、食欲が全くなくなる。"欲しい、欲しい"って求めて、それがもらえないと分かったら、その欲がなくなるんだ。

─昔は、コラボした女性たちと関係を持ってましたよね?

今は、みんなの中に美しさを見つけてる。でも若い頃は、「彼女が一番だから、一緒にいたいのは彼女だけ」とか言ってしまうわけ。で、その女の子と関係を持ったら、そうじゃないって気付くんだよね。ほら土曜日はまた来るから。(大笑い)


許すことについて:

人をすぐに許したことある?この世の中で、一番最高な気分だよね。最近は、すぐに許すことを心掛けてる。だから相手は不意打ちを食らうんだ。

Translation by Miori Aien

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE