ガンズ・アンド・ローゼズ、コーチェラでAC/DCのアンガス・ヤングと共演

Photo by Frazer Harrison/Getty Images for Coachella


「AC/DCのバンドメンバーは、ブライアン・ジョンソンの長年にわたるバンドへの貢献と献身に感謝したいと思う。俺たちは彼の聴力の問題が解決し、今後の活動が上手くいくよう祈っている」と、ガンズ・アンド・ローゼズがコーチェラ公演を行う数時間前に、バンドは声明を発表した。「始まった時と同じようにこのツアーを最後までやり遂げたいと思っているが、俺たちは聴力を保護するためにツアーを辞退したブライアンの決断を理解し、尊重し、支持している。長年俺たちを応援してくれたファンのためにも残りのツアーを遂行することに全力を尽くしたい。アクセル・ローズが親切にもこの約束を果たすための支援を申し出てくれた」。



現在の計画では、ローズは来週のコーチェラのパフォーマンスとメキシコシティでの2公演を終えた後、ヨーロッパでAC/DCの10公演に参加し、その後ガンズ・アンド・ローゼズに合流して「Not in This Lifetime」ツアーに出るという。AC/DCのツアーで延期されていた残り10回のアメリカ公演はGN’Rのツアー終了後にスケジュールが調整される予定だ。

ファンが撮影したガンズ・アンド・ローゼズのコーチェラ・ヘッドライナー公演の映像は以下。














AC/DCは、「Rock or Bust」ツアーの残りの公演で、アクセル・ローズを初めてヴォーカルに迎えることを発表した。

Translation by Shizuka De Luca

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE