ジョージ・マーティンはいかにして世界を変えたか

ジョージ・マーティンは、初めからビートルズの直感を信じ、彼らが「音楽」で成し遂げたい夢を理解していた。


その年の9月にビートルズは『ラヴ・ミー・ドゥ』をシングル発売したのだが、実はマーティンはこの曲を録音させるつもりすらなかった。当時の慣例で、マーティンがビートルズ用に選んだ曲があったのだ。プロのソングライターによる手だれの作品、『恋のテクニック(ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット?)』だ。ビートルズは、まだ最初の録音で立場も弱かったにもかかわらず、自分たちのオリジナル曲に頑固にこだわった。『恋のテクニック』の演奏を強いられると、わざと曲の陳腐さを目立たせるように演奏して、リリースできないように妨害工作をするのであった。(後にこの曲は、"ブリティッシュ・インヴェージョン"の典型バンド、ジェリー&ザ・ペースメイカーズによってヒットする)


Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images

Translation by Kuniaki Takahashi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE