ラヴ・レター・フォー・ファイア

孤高のシンガー・ソングライター、アイアン&ワインことサム・ビームが、初のデュエットアルバムをリリース。その相手は、デビュー前はトム・ウェイツの家でベビーシッターをやっていたジェスカ・フープ。ビームはiTunesでフープの歌を聴いて気に入り、声をかけたとか。ともに共作でアルバムを作るのは初だが相性はぴったり。フォークやカントリーをベースにしながら、ふたりのスタイル、そして、陰影に富んだ歌声が美しいハーモニーを生み出した。グレン・コッチェ(ウィルコ)をはじめ、腕利きミュージシャンたちを揃えた演奏も味わい深い。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事