ボウイのベーシストが語る20年:「彼が私の人生を変えた」

2012年9月18日ドロシーとデヴィッド・ボウイ 『私がずっと思っているのは、彼の歌声が男性ロックスターの中で一番だってこと』 (Photo: by Brian Rasic/Getty)


ー次のツアーの話は全くでなかったのでしょうか?

そう。ツアーについては全く。これ以上ツアーをしたくないって言ってたわ。アルバムを作りたかっただけ。娘から学校を奪いたくないって私に話してくれたことがあって。

「娘の生活があるんだ。娘は自分のことをしているんだよ。ツアーに連れてなんかいけないんだ。妻と娘には生活がある。ツアーで離れるんじゃなくて、彼女たちのために一緒にいたいんだ。」って言ってた。


ツアーって骨の折れることなの。たとえ、快適なもの全てを手に入れることができる、豪華なツアーでも。家じゃないから。ジェット機で移動することも、山の上のお城に泊まることもできるけど、奥さんと子供から離れているなら、意味がないの。

ー数年前から病に倒れてたことは知っていましたか?

いいえ、全く。まだ完全にショックを受けたままなの。ニュースは、本当にショックだったわ。

ー最後に連絡をした時のことを思い出せますか

デヴィッドの誕生日(1月8日)にメールをしたんだけど、返信がこなくて。毎年、お正月にメールをくれるんだけど、今年はなかったわ。でも驚かなかったけど。だって彼が時々、数週間パソコンの電源を切ることを知ってたから。数年前の私の50歳の誕生日パーティーに彼を招待したんだけど、返事がなかったのよ。「怒ってるのかな?」と思ってたの。そしたらパーティーの一週間後に「なんてこった。今、君のメールを見たよ。パーティーに行けなくて申し訳ない。行きたかった。埋め合わせするから。」ってメールが届いて。そしてとっても素敵なプレゼントを送ってくれたわ。

デヴィッド・ボウイがあなたの人生を変えたということは、考えるだけで素敵なことなのではないでしょうか。レニー・クラヴィッツのバンドなど、入っていなかったかもしれないですよね。

私の人生のほとんどのことが起きなかったはず。どうなってたか分からないないけど、デヴィッド・ボウイが一人の力で私の人生を完全に変えたわ。

Translation by Miori Aien

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE