チープ・トリック、リック・ニールセンが本当に好きな5曲

Photo: (Mike Coppola/Getty)

『ロックの殿堂』入り記念!チープ・トリックのギタリストがソングライティングについて語る

チープ・トリックのロックンロール・ホールオブフェイム入りを祝してローリングストーン誌が12月にインタビューした時、リック・ニールセンは言葉少なだった。我々に「なんと言えばよいのか、胸が一杯で」などと語っていたものだ。後日もう一度連絡をして、好きな曲についての話を聞いてみると、幸いにも彼は少し饒舌になってくれた。

ナッズ『オープン・マイ・アイズ』


初期のパワーポップの名曲だ。甘すぎず、ノイジーなところがいい。朝からラッパでたたき起こされるような感じだよな。この曲にインスパイアされて、僕は『ハロー・ゼア』を書いたんだ。

ラズベリーズ『ゴー・オール・ザ・ウェイ』


完成度が高い。Bメロもやり過ぎじゃないし、サビの繰り返しもくどくない。すばらしいね。

Translation by Kuniaki Takahashi

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事