メロディーズ

エレクトロニカやオーケストラなど、様々なアプローチで新境地を切り開いてきた蓮沼執太の新作は、タイトルそのままにメロディがテーマ。石塚周太、千住宗臣、ゴンドウトモヒコなどをゲストに迎え、蓮沼は初めてアルバム全編で歌声を披露。ストリングスやハープ、フルートなど様々な楽器や、多彩なビートで作り込まれたサウンドのなかで、メロディを魅力的に引き立たせる緻密なアレンジはさすが。でも、そこに息苦しさはなく、開放的で心地よい。そんななか、イルリメが提供したユニークな歌詞とメロディの組み合わせも秀逸だ。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事