ベックが語るボウイへの思い:「いつだって僕の目標だった」

Photo: (Jason Merritt/Getty)


ボウイのミュージシャンとしてのキャリアは僕が生まれた頃に始まっていて、僕は彼の音楽を聴いて育ったようなものだった。決して立ち止まらず、常に変化し続けた彼は僕にとって指標のような存在で、真のアーティストがどういうものかを教えてくれた。彼はあらゆる既成概念を覆し、ステレオタイプに正面から立ち向かった。僕は自分の音楽に確信が持てなくなる時、尊敬するアーティストと自分を比較するようにしているんだ。そういう時、ボウイの音楽はいつだって自分が目指すべき高みを教えてくれた。そのレベルに到達するためには死に物狂いで努力しなければならないということを気づかせてくれるんだ。

null

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE