2015年に人気を博したダンス・スタイル4選

Photo: Todd Detwiler


ヒット・ザ・クワン
Hit the Quan
難易度:★★★★☆

「大げさでなく、たった20秒のステップを覚えるのに1時間もかかったんだ」とケレピ。「ステップをマスターした後に自分のスタイルを加えると、かなりいい感じになるよ」

ダンスの由来:ラッパーのリッチ・ホーミー・クワンは15年上旬にミュージック・ビデオ『Flex』をリリース。リッチの腰を突き上げる動きからインスピレーションを得たアイラブメンフィスは、夏に出した『Hit the Quan』のミュージック・ビデオで自身のステップを披露した。このダンスがクワンのオリジナルを大きく超えるヒットとなる。「このステップを見ると”Walk It Out”を思い出すわ。このダンスもアトランタ発祥なの。”Mashed Potato”にも似た印象を受けるわね」とクラフトは言う。

どう踊る?:左右にステップを踏みながらゆっくり突き出し、体をかがめながら腕を振る。「その後に自分のスタイルを加えると、すごくカッコいいんだ」ケレピは言う。

ベストな場面:クラフト「リッチ・ホーミー・クワンを観ていて彼が踊り始めたら、ためらわず一緒にやるといいわ。」
ケレピ:「日中に友達とドライブしていてこの曲がかかったら、車を停めて踊るといいよ」

セレブのベスト・パフォーマンス:大勢のファンからのリクエストを受けて、フィフス・ハーモニーのダイナ・ジェーンとノーマニ・コディが一緒にクワンを披露。このダンスが難しくも楽しいものであることを見せてくれた。しかし、『The Rock』でお馴染みのドウェイン・ジョンソンの滑稽なダンスがこれまでで最高。


ウィップ/ネイネイ
Whip/Nae Nae
難易度:★★★★☆

「簡単そうに見えるけど難しいのよ」振付師のクラフトは言う。「体と手足を同じ方向へ突き出すの。そして自分の気持ちや個性をダンスと共に表現しないと」

ダンスの由来:これまでウィップとネイネイはそれぞれ独立したダンスだったが、ティーンエイジャーのラッパー、サイレントがこの夏にリリースした『Watch Me』のビデオで、この2つのダンスを組み合わせたところ、同名のシングルはチャートで3位を記録するヒットとなる。共にアメリカ南部から生まれたダンスで、数年前から存在していたが、サイレントの『Watch Me』で話題となり、この2つを組み合わせたダンスはVineユーザーの若者たちの間でたちまち人気となった。

どう踊る?:最初にウィップ。車を運転しながらビートに合わせて体を揺らすような感じで、片腕を前方に突き出す。次にネイネイ。『マーティンズ』(アメリカ放映されていたドラマ)の登場人物の”シュネイネイ”からインスピレーションを得たこのダンス。手を上げながら全身でシミ―ダンスの動きをする。「何かが上手くいった時に踊るといいわね」と振付師のジャマイカ・クラフトは言う。

ベストな場面:クラフト「ウィップのベストなタイミングはフットボール選手が踊るような時よ。やった!という瞬間ね。一日の終わりにはウィップ・ダンス、何か成し遂げた後にはウィップとネイネイをやるといいわ」
ケレピ「正直なところ、ウィップとネイネイはもういいかなって感じがするんだ。若者のダンス・イベントで”Watch Me”がかかった時は別として、そろそろ新しいダンスが流行してもいい頃だと思うんだ。まあ単に僕が見飽きてしまったんだよね!」

セレブのベスト・パフォーマンス:ヒラリー・クリントンが『エレンの部屋』(アメリカのトーク番組)でウィップとネイネイに挑戦。このダンスの人気が最高潮に達した。

Translation by Aki Urushihara

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事