アデル ロングインタヴュー番外編 17つのこぼれ話

アデル曰く「『25』というアルバムは、私がどんな形であれ今まで愛してきたすべての人たちに歩み寄り、自分が間違っていたこともあったと認めているのよ」 (Photo by Kevin Mazur/Getty Images for iHeartRadio)


ベット・ミドラーの最近のコンサートを見て、大会場で観客と一体化したショーを行うためのアイデアが固まった。

ベット・ミドラーは何と言っても私のヒーローよ」とアデルは語る。「彼女のすべてを尊敬しているの。ものすごい才能の持ち主だと思う。今の時代に生きている最後のレジェンド、伝統的な本物のレジェンドを見ている気分だった。それに、彼女は本当に見事だったわ。声もショーもユーモアも素晴らしかった。それはもう、私がこれまで見てきたなかで最高のショーだった。しかも私はアリーナにいたの。もちろん、彼女はあのベット・ミドラーであって、私はそうではないわ。それでも応用が効くの。むろん、私はベット・ミドラーみたいなショーをするつもりはない。だって、ほとんどミュージカルの舞台みたいだったから。でも、あの会場で彼女が語ることはしっかり届いたわ。みんなが、すべての言葉に耳を傾けていたの。


「ベット・ミドラーは何と言っても私のヒーローよ」とアデルは語る。(Photo by Brian Rasic/WireImage

Translation by Sayaka Honma

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE