ロック、テクノ、ノイズなど、山本精一はさまざまなアプローチで音楽と向き合ってきたが、なかでも“歌もの”の魅力は格別だ。最近はバンドで歌う作品が多かったが、今回は一曲を除き、ギターやベース、ドラムなどすべての楽器をひとりで演奏して歌っている。アコースティックギターの弾き語りも、エレキギターを激しく掻き鳴らす曲も、その声は穏やかに歌を紡ぎ、メロディは親しみやすい。どこか超然としていて、近づくほど遠ざかるような不思議な距離感を持った歌。歌詞同様、シンプルで切れ味鋭く、それでいて謎めいている。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事