活動10周年を迎えたオウガ・ユー・アスホールが初のライヴアルバムをリリース。ライヴを録音した音源とスタジオライヴの音源を元にしながら、そこに手を加えて再構成するという手法をとっていて、ライヴの生々しさを感じさせながらも加工された音響的なエフェクトが異空間を生み出していく。そのユニークなアプローチは、バンドを支える佐々木幸生(ライヴPA)、中村宗一郎(ミキサー)、石原 洋(プロデューサー)という鉄壁の布陣が果たした役割も大きい。持ち前の実験性を発揮しながら、ライヴバンドとしての実力も感じさせる迫真のドキュメントだ。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事