星野 源のソロ、浜野謙太の在日ファンクなど、メンバー各自の活動が忙しくなるなか、サケロックが解散を発表。本作は解散を前提に制作されたラスト・アルバムで、なんと脱退した2人の元メンバーをゲストに招いてオリジナル・メンバーでレコーディングが行われた。作品ごとに趣向を凝らしてインストゥルメンタルの可能性を切り開いてきた彼らだが、本作ではシンプルに、気持ち良さそうに演奏していて、そこにお別れの湿っぽさはなく、突き抜けた清々しさが印象的だ。どんなジャンルにも収まらない、サケロックにしか歌えない“歌”が高らかに鳴り響いている。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事