ユーモアを交えながらも地球の環境について歌った「愛の地球祭」は、珍しくゆったりした曲だなんて思っていると、途中でテンポが加速するトリッキーな楽曲。カップリングは今回も気合が入っていて、スタダ・マナーな「勝手にハイブリッド」、CMJK編曲でタンゴからダブステップまで横断する「尾張の華」はどちらもA面級。名古屋・会場限定盤の「OEOEO」はウェルメイドなファンクチューンなので、こちらも入手したいところ。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事