バンド名が冠された力作。聖歌隊のようなコーラスとビートだけで展開していく「INORI」を聴くと、かなり変わったことをやろうとしているのかなと思ったが、聴き進めていくと、基本的には“ダンサブルなビートが支えるポップス”というこれまでの路線を強化するのみで、新しいフォームはない。リズムが4つ打ちの曲が多い。これが王道であることはわかるのだが、もっと枠を壊すようなことをやれる人たちだと思う。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事