“凛として時雨”のフロントマンのソロ。前作はフォトブック+DVDという変則的なリリースだったが、今回は純粋にアルバム作品となった(初回生産限定盤にはスタジオライヴDVD付き)。もう、めちゃくちゃに面白い。聴いていてのけぞってしまうほど超緻密な演奏と打ち込み。流麗なメロディや唐突な展開などにTK節をしかと刻みながらも、バンドでは決してできないことを形にしていて、その豊かな想像力に恐れ入る。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事