かつては名付け親のモデスト・マウスやビルト・トゥ・スピルらと比べられることの多かったオウガだが、思えば遠くまで来たものだ。ゆらゆら帝国のプロデューサー・チームとのコラボレーションを重ね、管楽器を導入した本作は、まるでマーキュリー・レヴのように聴く者を幽玄な世界へと連れ去りそうな危険な魅力を放っている。本作を最後に初期メンバーだったベーシストが脱退してしまったが、これまでで最もディープな深化を遂げた本作を前にすれば、それも致し方なかったように感じられる。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事