サマソニ取材「ショーン・メンデスが語るテイラーとの共演、チャンス・ザ・ラッパーの魅力」

Toshiya Oguma | 2018/08/21 21:52

| ショーン・メンデス(©SUMMER SONIC All Rights Reserved.) |

カナダ・トロント出身で20歳を迎えたばかりのシンガー・ソングライター、ショーン・メンデスがサマーソニックで再来日。今年5月に発表した3枚目のアルバム『Shawn Mendes』で全米1位を達成し、ポップスターとして進化を続ける彼にインタビューを実施した。

「僕のライブを観ると、みんな予想を裏切られるみたいなんだ。もっとポップ寄りなショウをやっていると思われているみたいで、何人もダンサーが登場するんじゃないかと言ってきた人もいたよ(笑)。僕のことを知っていれば、絶対にそんな想像はしないはずなんだけどね」

ライブの展望について尋ねられたショーンは、笑顔を浮かべながらこんなふうに答えていた。キングス・オブ・レオンが大好きで、自身のステージでもロックな方向性を意識しているという彼は、マリンステージにもバンドセットで登場。代表曲の「Theres Nothing Holdin’ Me Back」で幕を開けると、合間にフランク・オーシャンのカバーも挟みつつ、自身のヒット曲を連発。有言実行の勢いあるステージングで会場を盛り立てた。以下のインタビューは、東京公演の前日に行ったもの。

あなたは8月3日にテイラー・スウィフトのトロント公演を訪れた際に、(ツアーに同行している)カミラ・カベロの楽屋でグリッター・メイクを披露していましたよね。あれは何が起こったんですか?

ショーン:ハハハ(笑)。あの動画が(Instagramで)出回ったときには、ふたつの想いを抱いたものさ。ひとつめは、「このメイク……ちょっと変かな」という気持ち。ふたつめは、僕には女の子の従姉妹が多くて、子供のころからそうやってメイクでいじられてきたりしたんだよね。だからある意味、そういう自分のパーソナリティーが出せたのを喜んでもいるんだ。

ーそもそも、なぜあんなことに?

ショーン:もともと僕は彼女のライヴを観に行って、バックステージで彼女と喋ってたんだよ。その流れで、なぜかグリッターメイクをすることになったというわけ。

ーそういうメイクといえば、誰か思い浮かびます?

ショーン:もやっぱりレディー・ガガかな。メイクについて影響を受けているわけではないけど(笑)、音楽面では大きくインスパイアされているよ。

ーこれをきっかけに、アーティストとしてメイクアップを武器にしていく可能性はありますか?

ショーン:ノー(笑)。今回は遊びでやっただけだよ。

RECOMMENDED

おすすめの記事