結成20年、トータルテンボスが語った「モヤモヤ」からの脱出

Joe Yokomizo | 2018/07/25 12:40

| トータルテンボス 左:藤田憲右 右:大村朋宏(Photo by Kentaro Kambe) |

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。6組目のゲストは、昨年20周年を迎えたお笑いコンビ、トータルテンボスだ。

Coffee & Cigarettes 06 | トータルテンボス(藤田憲右、大村朋宏)

静岡県御殿場市出身の同級生、大村朋宏と藤田憲右が結成したお笑いコンビ、トータルテンボス。20年の芸歴は山あり谷ありだったそうだが、どんな状況でもハングリーに「面白さ」を求めるその姿勢は、2人の自然な関係があってのことだろう。

昨年、結成20周年を迎えたトータルテンボス。毎年恒例となっている「トータルテンボス全国漫才ツアー」は完売が続く人気・実力ともに兼ね備えたお笑いコンビだ。

インパクト大なアフロヘア―がツッコミ担当の藤田憲右。藤田は大の愛煙家で撮影でも取材でもタバコを離さなかった。そんな強烈なインパクトの藤田だが、かつてはプロを目指すほどの野球少年だったそうで、野性味があり直感的で楽観的で、面と向かうだけで、人を笑わせる勢いみたいなものを感じる。一方、ボケ役でネタを作るのが大村朋宏。スマートなイメージ通り、取材を始めてすぐに、彼の頭の良さと話が論理的なことに気づく。ただし、話す内容がいちいちネタのように面白い。互いにないキャラを持ったいいコンビだと分かる。

そんな2人は小・中学校の同級生だった。だが、高校と大学はそれぞれ別の学校に進んだ。最初にお笑いの道を志したのは大村の方だった。「大学は麻雀をしに行ってたようなもので、2年生の段階で総合単位数が2しか取れてなくて、早々に2留が決まりまして(笑)。これでは良い企業に就職するのは無理だなぁって。で、どうしようと思ったときに、お笑いなんかどうかなぁって思ったんです。当時は今ほどお笑いの地位もなかったし、深夜番組でロンブーさんを観ていたんですけど、これならできるだろうって勘違いをしていて。で、一緒にバカをやってた藤田に声を掛けてみたら、意外と二つ返事でOKだったんですよね」と大村が結成のいきさつを語る。


Photo by Kentaro Kambe

大村からの急な誘いにOKをした藤田はどういう事情だったのだろうか?
「ガキの頃は野球少年だったんですけど、大学に入るときに浪人して、1年遅れて野球部に入ってもダメだろうと思って、それで大学に入ったもののずっとドラクエをやる日々でした。でも、それくらいの時期って自分の将来を考えるじゃないですか? 僕はずっと自分は有名になれると思っていたんですけど、このままだと平々凡々とした人生を歩むなぁと現実を知った瞬間、大村から芸人の誘いが来て。僕も大村も昔から人を笑わすのが得意で、この2人なら意外と有名になれるかもと思って、OKしたんです」と教えてくれた。

RECOMMENDED

おすすめの記事