アトランティスが地上の世界に宣戦布告『アクアマン』の予告編が解禁

DANIEL KREPS | 2018/07/24 10:30

| サンディエゴのコミコンで初公開されたDCコミックスの最新作『アクアマン』 |

待望の『アクアマン』予告編第1弾が到着 DCコミックスの最新作がサンディエゴのコミコンで初お披露目された。ジェイソン・モモア演じる水陸両棲のヒーローと、地上に戦いを挑む異父兄弟との対決が描かれる。

長らくお待たせしました!
DCコミックスの最新作『アクアマン』の予告編第1弾が、先週土曜日、サンディエゴのコミコンで初公開された。

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』でのカメオ出演や、『ジャスティス・リーグ』でもすでに登場しているが、人間とアトランティス人両方の血を引くヒーローの過去が、ついに『アクアマン』の予告編で明かされた。

「父は灯台守。母は女王。運命のいたずらで2人は出会った」と、ジェイソン・モモア演じるアーサー・カリーの声が響く。「そして、2人の間から生まれたのが私だ」

物心ついたころ、海洋生物たちと意思疎通ができる能力に目覚めたカリーは、アンバー・ハード演じるメラに引き抜かれ、地上の世界へ戦いを挑もうとする腹違いの兄弟オームの行く手を阻む。

おおまかなあらすじに加え、予告編では、海底王国アトランティスの世界観を再現する綿密なCGI映像がたっぷり堪能できる。

「映画の中で、人間とアトランティス人のハーフ、アーサー・カリーの生い立ちが明らかに。彼は人生の旅に出て、真の自分と向き合うとともに、自分が王になるべき運命なのだと知ることになる」とは、『アクアマン』の要約からの抜粋。『アクアマン』は12月21日に全米公開される。(日本公開は未定)

また、DCコミックスは、ワンダーウーマンの次回作『ワンダーウーマン1984』のワンカットをコミコン限定で初公開。さらに、『ビッグ』と『スーパーマン』を足して2で割ったような最新作『シャザム』の予告編第1弾も上映された。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDED

おすすめの記事