BRAHMANとキュウソネコカミのVo放談「正直が一番強い」

Motomi Mizoguchi | 2018/06/10 10:00

| 写真左から、BRAHMANのTOSHI-LOW、キュウソネコカミのヤマサキセイヤ(Photo by Motomi Mizoguchi) |



ヤマサキ:ビバラをきっかけに生まれ変わろうと思ってます。

TOSHI-LOW:それに気付けただけでもいいよ。全ての困難は次に進むための試練だから。そういうものを持ってるヴォーカルだと思ってるから。キュウソの好きなところは、まずはヒヨッコを売りにしてるじゃん?

ヤマサキ:そういう節はありますね。

TOSHI-LOW:ディスる曲があるけど嫌われない理由があって、要は自分たちが一番弱いって認めてるわけじゃん。ロックって基本的には自分は強くて、スターだぜっていうことを言って成り立っているものの真逆をやってるわけ。弱いけど、本当のことを歌っているのがちゃんと認められているのはすごくいいと思うよ。

ヤマサキ:弱そうに見られるけど言いたいことは言うっていう。

TOSHI-LOW:俺たちの時代のアウトローって社会不適合者だったけど、今でいう社会不適合者ってこいつら(キュウソネコカミ)みたいな存在だと思う。つまり“正直”が一番強いんだよっていうこと。でもそれでいいのさ。だって社会に合わせてしまったらつまらない大人にしかならないわけで、それこそ社会が滲んでいくひとつの色になってしまわないために、正直でいることがすごく大事で。だから、セイヤの歌詞が今の子たちに響いてるんだったら、ロックは捨てたもんじゃないと俺は思う。あ、なんか真面目な話したね(笑)。


Photo by Motomi Mizoguchi

ヤマサキ:このスタイルは自信を持って続けていけたらと思いますね。

TOSHI-LOW:最終的にはムキムキになって暴力でものを言わすと(笑)。ヴォーカリストにおいて“バンドをやりたい”っていう人と、自分が歌えれば何でもいいっていう人は俺の中で全然違うから、そういう意味でキュウソに対してバンドマンであるが軸にあると感じるから、バンドマンとして俺は好きだな。

ヤマサキ:TOSHI-LOWさんから最後にバンドマンとして好きと言ってもらえて、何を言ったらいいかまとまらないんですけど、これからも話し掛けにいきます(笑)。


BRAHMAN



LIVE DVD & Blu-ray
 『八面玲瓏 日本武道館』
6月13日(水)発売

New Album
『梵唄 -bonbai-』
発売中

BRAHMAN 「八面玲瓏 日本武道館」 SPECIAL SITE
http://brahman.site/hachimenreirou_DVDandBlu-ray/

BRAHMAN OFFICIAL HP
http://www.brahman-tc.com/

NOFRAMES / TOY’S FACTORY BRAHMAN SITE
http://www.toysfactory.co.jp/artist/brahman/


キュウソネコカミ



New Single
「越えていけ / The band」
発売中

キュウソネコカミ OFFICIAL HP
http://kyusonekokami.com/

RECOMMENDED

おすすめの記事