WWEの舞台裏で活躍する全身タトゥーのコメンテーター、波乱万丈の歩み

Timothy Bella | 2018/04/09 18:05

| WWEの実況コメンテーター、コリー・グレイヴス(Photo by WWE) |

今年も大成功に終わったWWE年間最大のイベントであり、世界最高峰のプロレス大会『レッスルマニア』。その舞台裏では様々な人たちがWWEスーパースターを支えている。今回の『レッスルマニア34』で実況コメンテーターを務めたコリー・グレイブスもその一人だ。脳震盪によるダメージでレスラーの道を断念した彼は、現在はWWEを代表するコメンテーターとして解説席に座っている。

2014年12月にNXT(WWEのファーム団体)で引退を発表したコリー・グレイブスこと本名マット・ポリンスキー。重傷を負い、頬に折れた歯が刺さり、自分の妻に背の画鋲やガラス片を取ってもらう状況に耐えてきたグレイブスにとって、もはやプロレスラーでいられないほど苦しいことはなかった。

3歳の誕生日にハルク・ホーガンのバースデーケーキをねだるほど、子どもの頃からプロレスに夢中だった。80〜90年代のプロレス雑誌を収集し、古いVHSテープを何度も観ては弟のサムと一緒にブラウン管の向こうのスーパースターをマネして練習した。WWEだけでなく、オンラインで見つけた日本やメキシコのレスリングにもハマった。ピッツバーグのポリンスキー一家にとって、プロレスは家族の楽しみだったのだ。

消防士として働いてきた父、ダン・ポリンスキーは語る。「最初にみんなで試合を観に行ってからは、それまで以上にのめり込んでいったよ」

1998年にコリーがハイスクールに進学した頃、両親はグレイブスが学校にウンザリしていて、彼に寄ってくる女の子たちをはじめとして、何も関心が持てない様子であることに気づいた。14歳の息子が何に悩んでいるのかは定かではなかったものの、両親はある日の放課後、お互いに膝を突き合わせて話し合い、何か助けになれることはないかと尋ねた。「もしかして精神的な問題なんじゃないかと思ったんだ」と父は語る。そして我が子にレスリングを勧めたのだった。「するとこう答えてきたんだ。『父さん、もしそれができたら世界一最高だよ』とね」
Translated by LIVING YELLOW

RECOMMENDED

おすすめの記事