オールスター生誕100周年モデル「AVANT CONVERSE」が放つメッセージの真意

Rolling Stone Japan 編集部 | 2018/04/04 19:00

| オールスター生誕100周年のハイエンドモデル「AVANT CONVERSE」 |

1917年に生まれた「オールスター」の生誕100周年を記念し誕生した日本限定のハイエンドライン「AVANT CONVERSE」(アヴァン コンバース)。2017年春夏からスタートしたこのラインは、今期のシーズンでフィナーレを迎える。ラストコレクションとともに、本プロジェクトのメッセージを探る。

約1世紀にも渡って我々を虜にしてきたスニーカーブランド「コンバース」。ラモーンズが履いていた黒と白のオールスターやカート・コバーンのジャックパーセル。いつの時代も消えることはない普遍的なデザインで歴史を刻んできた。昨年、100年という節目を迎え、コンバースのアイデンティティでもある「オールスター」を進化させるという新しい試みがスタートした。

ゲストデザイナーとして迎えられたのは、「ランバン」のアーティスティック ディレクターとして、125年の歴史を誇る老舗ブランド「ランバン」を見事に復活、昇華させ、ファッション業界で一躍時の人となったアルベール・エルバスだ。

本能的でチャレンジ精神旺盛なエルバスは、その類稀な才能と煌めく人間性で瞬く間にファッション界のスターダムに駆け上り、数々のアワードを受賞してきた。エルバスらしいビビッドでアバンギャルドなその世界観は、コンバースフリークだけではなく、ファッション業界にとってもセンセーショナルなブランドとなった。3コレクションを発表した「AVANT CONVERSE」だが、今期でラストコレクションを迎えるという。フィナーレを飾る2018年春夏コレクションは、エルバスらしいポップさもありながらメタリックでゴージャス、そしてミニマルなデザインの数々だ。

今年1月、新宿歌舞伎町ロボットレストランでランウェイショーが開催された。電飾ロボット、デコ車とともに新作を身につけたモデルのショーは、ダイバーシティそのもの。「AVANT CONVERSE」が作り上げたNEO TOKYOという世界観を体感した夜となった。



ラストコレクションとなる2018年春夏のラインアップは、スタンダードなハイカットのものからスリップオンまで様々なバリエーションで展開する。エルバスは、インタビューで「コンバースはとてもファミリアルなブランド。おばあさんやおじいさんから子ども、そしてそのまた子どもへと家族のすべての世代がコンバースを履き続ける。それは、まさに“ウォーキング・ホーム”だ」と言う。「美しいコンバースは、これまでも既にみんなに愛されてきた。同じDNAを受け継ぎながらもちょっぴり違った弟を生み出したいと思った。今の時代はテレビをつけても世界ではつらいニュースが多く、そんな中でも微笑むことができるのは大切。次第にグレーになりつつある世界にちょっぴりカラーを加えてあげることが必要だ」と語る。

 “世界をハッピーにしたい”と掲げる「AVANT CONVERSE」は、3月25日から発売が開始されている。ラストコレクションとなる2018年春夏のラインアップを以下に紹介する。

スーパーシンプルでミニマリスト

紐がなくスリップオンのように足を滑り込ませるだけで、船でも簡単に履くことができる快適な一足。
¥30,000 (税抜)


null
青、赤、白の3色カラー
白と赤は日本の国旗、そしてネイビーと赤と白はフランスの国旗。それぞれのコラボレーションを表現。
¥30,000 (税抜)

エロダイナミックでメタリックなオールスター

左:¥38,000 (税抜) / 右:¥32,000 (税抜)
クラシックなコンバースのフォルムを元にし、装飾やプロポーションを少しだけ変えつつもコンバースというブランドのDNAを受け継いだ一足。



左:¥40,000 (税抜) / 右:¥32,000 (税抜)
メタリックなメッシュやシルバーゴールドを用いることでよりグラフィックな仕上がりに。


エルバス氏はインタヴューで日本の皆へ「フライ・ハイ!(高く飛ぼう)」とコメントしている。「高く飛んで月を掴もうとするのは、とてもいいこと。けれど、地に足がついていることも、また大切。地に触れるとともに、月にもタッチする。夢と現実というのはどちらも必要。コンバースは、実利的で快適でまたデザインとクリエーションもある。まさしく地についた快適さとデザインによって羽ばたけるのだ」と語る。

Rolling Stone Japan vol.02のファッションストーリーでは「BRAHMANのTOSHI-LOWが着こなすハイエンドストリート」と題し、「AVANT CONVERSE」を纏っている。


Rolling Stone Japan vol.02掲載
Photo = cherry chill will. 
Editor = Toshiya Ohno Styling = Masahiro Ogura Hair & Make-up = Mikiko Kimura
ナイロン切り替えブラックデニムジャケット ¥43,200、T シャツ ¥19,440、ナイロン切り替えブラックデニムパンツ ¥30,240(すべてName / FURTHER)
スニーカー ¥32,400(AVANT
CONVERSE/コンバースインフォメーションセンター)※すべて税込価格表記。


AVANT CONVERSE
http://avantconverse.jp/

RECOMMENDED

おすすめの記事