「ツタロックフェス2018 クイックレポ」D.A.N.:深遠な響きとともに広がる音塊

Daishi "DA" Ato | 2018/03/18 17:41

| D.A.N.(Photo by Azusa Takada) |

本日3月18日、幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールで開催中のツタロックフェス2018。COSMIC STAGEに出演したD.A.N.のクイックレポートをお届け。

「ツタロックフェス2018」のCOSMIC STAGEもいよいよ中盤。今や大会場を使ったロックフェスは日本中にたくさん存在するが、当フェスと他の大型フェスとの差別化はここからの時間帯ではかられていると言っても過言ではない。浮遊感のあるシンセサウンドによるSEが流れる薄暗闇の中、ステージに姿を現したのはD.A.N.だ。

メンバー誰一人として言葉を発することなく、未来の部族による祝祭のような雰囲気を持つ「Zidane」の演奏が始まる。スロウで硬質、そして重量感のあるビートに導かれ、櫻木大悟(Gt, Vo, Syn)の妖艶なヴォーカルが鳴り響く。後ろでうっすらと繰り返される呪文のようなサンプリングフレーズや、サポートメンバーによるスティールパンの音色とあいまってかなりドラッギーだ。体が震えるほどの低音でうねるベースラインの上で鳴り響く上モノのシンセも実に気持ちがいい。ここから「Time Machine」まで、4人の演奏はノンストップで続く。

ビートと連動して展開する照明もバンドの演奏をバックアップし、徐々に観客の高揚感を煽る。しかし、ステージは一定の暗さに保たれていて、これがD.A.N.のミステリアスな存在感を増幅していた。観客はじっとステージを見入るか、軽く身体を揺らしながら、存分に音塊を浴びている。

音の洪水に飲み込まれている最中、「この曲で最後です」という言葉で我に返る。プレイしたのは最新曲「Chance」だ。楽曲中盤で徐々にテンポアップし、カラフルに明滅する照明とともにピークを迎える。脳内麻薬がドバドバと放出され、早朝のダンスフロアにいるような錯覚を覚えたが、櫻木の「ありがとうございました」というあいさつにハッとし時計を覗くと、時間はまだ16時過ぎを差していた。

SET LIST
D.A.N.
1. Zidane
2. House
3. SSWB
4. Native Dancer
5. Time Machine
6. Chance

RECOMMENDED

おすすめの記事