エミネム、フロリダ乱射生存者の少年と全米ライフル協会にラップで攻撃

DANIEL KREPS | 2018/03/14 16:50

| iHeartRadioミュージック・アワードに出演したエミネム (Photo by Kevin Winter/Getty Images for iHeartMedia) |

iHeartRadioミュージック・アワードで、フロリダ高校乱射事件の生存者の少年が受賞者のエミネムを紹介した。エミネムは、銃による暴力を指摘し、新たに作った「ノーホエア・ファスト」のリリックを披露してNRA(全米ライフル協会)を口撃した。

米インターネット・ラジオ・ステーションのiHeartRadioによるミュージック・アワードに出演したエミネムは、銃による暴力を指摘し、新たに作った「ノーホエア・ファスト」のリリックを披露してNRA(全米ライフル協会)を攻撃した。

アルバム『リバイバル』収録の「ノーホエア・ファスト」をケラーニと演奏する前に、エミネムは怒りに溢れたラップを披露。これはフロリダ州パークランドの高校で起きた無差別襲撃事件にインスパイアされたものと思われる。リリックは「この世の中がどんなに変わったか時々わからなくなる、自滅しそうな勢いだ/この国全体が狂いだしている」で始まった。

そして「NRAが俺たちの邪魔をしている/ここで起きたこと全ての責任は連中にある/ヤツらが糸を引いて、ヤツらが操り人形を動かしている/寄付金を撤去するぞと脅して政府を麻痺させている/自分の手で殴るヤツなんて皆無で、銃を持っているヤツらは弾を込めた武器をその手で握る/ヤツらは子供よりも銃が好きなのさ」と続いた。

エミネムと同郷のラッパー仲間ビッグ・ショーンと共にパークランド襲撃事件の生存者アレックス・モスコーが同アワードの授賞式でエミネムを紹介した。この日、モスコーは3月24日にワシントンD.C.で予定されている“マーチ・フォー・アワ・ライヴス”のシャツを着て登場して、次のように語った。「2月14日、合法的に入手したセミオートマチックのライフル銃で武装した男が、フロリダ州パークランドにある僕が通う高校、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で17人を射殺しました。僕たちは政治家の“お見舞い申し上げます”は聞き飽きました。このような惨劇が再び起きないように何の手も打たない政治家にも辟易しています」

そして、モスコーは「学校というのは安心していられる場所のはずです。選挙で選ばれて、僕たちの代表を務めている人たちが何も行動を起こさず、僕たちの安全も維持できないのであれば、僕たちだって彼らが無視できないほどの大声を上げます」と、結んだ。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDED

おすすめの記事