14年間沈黙していたア・パーフェクト・サークルのメイナードが胸中を激白

Kory Grow | 2018/02/14 10:00

| 14年ぶりの新作をリリースするア・パーフェクト・サークル(Photo by Tim Cadiente) |

ア・パーフェクト・サークルのメイナード・ジェームス・キーナンとビリー・ハワーデルが、14年ぶりの新作『イート・ザ・エレファント』の制作過程、そして現在の政治情勢と先人たちの死がアルバムに及ぼした影響を語った。

ア・パーフェクト・サークルの沈黙が14年間に及んでいたことを、シンガーのメイナード・ジェームス・キーナンはよく自覚していた。来る新作『イート・ザ・エレファント』の制作過程において、彼は自問自答を繰り返していたという。「君は自身をあらため、未来へと向かう意志があるか?」。彼はローリングストーン誌の記者に問いかける。「一部の人間のために、過去にやったことを繰り返すか? 歳をとっても、同時代的であることに固執するのか? そんなことが本当に重要なのか? そういった疑問に自分の行動が左右されないように努めていたが、完全に頭の中から追い払うことはできないんだ」

キーナンはそうした疑問に対する答えを見出したのだろうか? 「俺は自らを隔絶することにした」彼はそう話す。「俺が耳を傾けるべきなのは、自分の内側から来る声だけだ」

キーナンがギタリストのビリー・ハワーデルらと共に、ア・パーフェクト・サークルとして完成させた新作は、過去のアルバムとは明らかに趣向が異なる。バンドが2000年代初頭に残した作品に宿っていた激情は、抑制されつつも複雑な感情へと変化している。ここには『ジュディス』における燃えたぎる炎のようなリフや、『ウィーク・アンド・パワーレス』での大地を揺るがすようなリズムはない。『イート・ザ・エレファント』のムーディで繊細なサウンドは、過去のスタイルに執着するのではなく、あくまで現在の自身を描くという彼らの意思表示にほかならない。アルバムに先駆けて発表された、協調という概念を失ってしまった社会に対する警笛ともとれる「ディスイリュージョンド」、弱肉強食をテーマにしたアップビートな「ザ・ドゥームド」の2曲にも、その傾向ははっきりと感じられる。





新作の制作について、ハワーデルはまずキーナンと話し合ったという。キーナンはトゥールとプシファーでもヴォーカルを務めているほか、約1年半前にはアリゾナでワイン製造ビジネスを始めており、ア・パーフェクト・サークルとしての作品を完成させるためには、彼がまとまった時間を確保する必要があった。

「メイナードにさえその気があれば、俺はいつだってア・パーフェクト・サークルを再始動させる用意があった。そのことは彼もよく知っていたんだ」。ハワーデルはそう語る。「ある日彼が電話をかけてきて、準備ができたと言った。そしてアルバム制作が始まった」。約1年前に本格的に楽曲制作を始めたハワーデルは、新しい試みとしてデイヴ・サーディ(インキュバス、ZZトップ等)をプロデューサーに迎えた。短期間のツアーを挟みながら、ハワーデルは昨夏から継続して制作を続け、遂に先月アルバムを完成させた。「この冬は気の遠くなるような作業の連続だった」とハワーデルは語る。
Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事