当事者たちの本音に迫った「最後のジェダイ」制作密着ルポ

BRIAN HIATT | 2018/02/11 11:00

| 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から。デイジー・リドリー演じるレイ(JONATHAN OLLEY/© 2017 LUCASFILM LTD) |


フィッシャーの死に対するハミルの悲しみはまだ癒えていない。何十年もの間疎遠になっていた2人が、壮大な物語の再始動をきっかけにその絆を再確認した後だったからこそ、悲しみは一層深かった。「彼女といると穏やかな気持ちになれた」。彼はそう話す。「彼女は僕に気を遣うようなことはなかった。僕が当時から変わっていないことを知っていたからね。僕は相変わらず生真面目で頭が固くて、ワイルドでむこうみずな彼女はまるでメイム叔母さんのようだった」。映画のプロモーションは、彼女との思い出を蘇らせるという。「とても耐えられないよ」。彼はそう話す。「スクリーンでの彼女は素晴らしい。でも、今はそれが悲しみを膨らませてしまう。物語から生まれる感情は美しいけれど、現実のそれはあまりに残酷だ」
 
ルークの人生は苦難の連続だった。母親の愛情に一度も触れず、育ての親である叔父と叔母の無残に焼かれた姿を目にし、父親との確執は埋まることなく、晩年には自らを孤立させる道を選んだ。「それがヒーローの生き様なんだ」。ジョンソンはそう話す。「英雄の人生には多くの代償がつきまとう。愛する人間が焼かれていくさまを目の当たりにするのも、その一つなんだよ」
 
そして現実もまた、決して平坦な道のりではないとハミルは付け加える。「時々思うんだ」。普段よりも穏やかな口調で、彼はこう話す。「できることなら、僕はこの現実よりもルークの人生を歩みたいとね」

物語の鍵を握る2人、アダム・ドライバーとデイジー・リドリーの証言


© 2017 LUCASFILM LTD. 

アダム・ドライバーは筆者にこう尋ねる。「エモって何だい?」
 
同世代で最も注目される俳優の一人であるドライバーは、海軍で心身を鍛え上げ、ジュリアード音楽院で勉学に励む間、一世を風靡した音楽ジャンルをはじめとする世間の動向にはあまり関心を払っていなかったようだ。しかしゴージャスな髪を含めて全身を黒で統一し、時に感情を露わにするそのキャラクターを、多くの人々は「エモい」と形容する。(キャラクターのパロディであるツイッターアカウントも存在する)。「彼は生まれてからずっと、自分は特別だと言い聞かされてきた」。自身が演じるキャラクターについて、彼はそう話す。「そして自分でも気づいている。ドライバーはあらゆる物事に、周囲の人間よりもずっと敏感に反応するんだ」
 
『ガールズ』を含め、ドライバーの演技を見たことがある人々の目には、彼は極めて感情豊かな人間として映っているだろう。「自分ではそうは思わないんだけどね」。そう話す彼は、自分が筆者の目を真っ直ぐに見つめ、右膝を大きく上下させていることにも気づいていないのかもしれない。「でも何かにフォーカスすると、徹底的に取り組む傾向があるのは確かだよ」。彼はインタビューを受ける際、両側に木々が立ち並ぶブルックリンの通り沿いにあるこのカフェをよく利用するという。スパイク・リーの新作を撮り終えたばかりの彼は、ダークブルーのセーターとブラックのジーンズに、アディダスのハイカットのスニーカーという服装で、予定よりも少し早くその場所にやって来た。愛想が良く、ほとんど絶えず笑顔を浮かべている彼が、内面には揺るぎない自信を宿していることは明らかだ。その威圧的なまでの存在感は、彼の手によって葬られた父親役のハリソン・フォードにも引けを取らない。
 
7歳のときに両親が離婚して以来、母親と聖職者の継父によって育てられたドライバーは、その家庭環境が演技に影響していると思うかという筆者の質問にもまるで動じない。「そこまで直接的な影響はないと思うな」。彼はそう話す。彼はカイロ・レンが、マックス・フォン・シドーが演じた自身の「遠い叔父」のような存在であるキャラクターも葬ったことについて触れ、こう続ける。「『実生活でも遠い叔父さんと確執があったのか?』なんて聞かれたことはないけどね」
Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事