「笑うだけではダメ」モー娘。小田さくらが考えるトップに立つために必要なこと

Takuro Ueno | 2018/02/02 13:02

| モーニング娘。'18の小田さくら(Photo by Yoko Yamashita) |





─昨年の武道館の工藤さんの卒業コンサートだけでなく、鞘師さん(鞘師里保:9期メンバーで2015年卒業)の最後の武道館コンサートも観たのですが、いずれも自分としては小田さんのヴォーカルと存在感が印象に残りました。感傷的なムードが漂う中、ストイックにステージに臨む姿が鮮烈で。


小田 ありがとうございます。モーニング娘。’18は小田ちゃんがいるから大丈夫!と思われたいですし、ファンの方の信頼を裏切りたくない。自分はモーニング娘。’18の核心でありたいし、全員じゃなくてもファンの方の何割かがそう思ってくれたらうれしいです。工藤さんの卒業コンサートで、MCで工藤さんと個別に挨拶するとき、最後にハグした際に耳元で「任せたよ」って言われたんです。私は工藤さんに任せてくださいって言うつもりだったんです。だから「あ、先に言われちゃった」と思って(笑)。お互い思ってることは一緒だったんだろうなぁと思うんですけど、私は「はい、大丈夫です。任せてください」と答えました。そしたら「いつでも連絡してきて」と言われて。たぶん、私の「大丈夫です」という発言にこめられたものをいろいろ感じ取って、そう言ってくれたんだと思うんですけど、あらためて優しい人だなと思いました。今は工藤さんに任されたんだから頑張ってやらなきゃ!という感じです。


モーニング娘。’18「若いんだし!」(Morning Musume。’18 [You’re Young Anyway!])(Promotion Edit)

─去年の武道館では、小田さんと並んで佐藤さん(佐藤優樹:10期)の存在感も凄かったです。この2人のパフォーマンスが、今後のモーニング娘。’18の“ライブ力”を牽引していくエンジンになると思ったんですが、小田さんは佐藤さんに対してどう思っていますか?

小田 佐藤さんは先輩なんですけど、だからといって私が一歩引いてるという見られ方はしたくなくて、今はお互いに負けないぞと思いつつ尊敬しあっている感じです。でも、佐藤さんに負けたくないって思うこと自体が悔しいから、常に負けてないと思っていたい。逆に簡単に勝ったと思わせてほしくないし、向こうもそう思ってる気がします。別に仲良しじゃなくてもいいんです。仲悪いのはイヤですけど、悔しいけどカッコいいとか、悔しいけどやっぱり歌が上手いとか、それくらいの距離感がちょうどいい。もちろん、メンバーのことは全員すごく好きなんですけどね。

─表現者にとっては素敵な関係性ですよね。お互いに高め合えるから。

小田 凄いセンスの塊なんですよ。なんでもできちゃう人だから、ちょっと覚えただけで簡単に自分のものにしてしまう。ダンスにしても、どうやったらあそこまで身体を自由に操れるんだろう、私はどれだけ練習したら彼女のレベルにまで追いつけるんだろうって。佐藤さんが天才肌なら、私は時間をかけて追いついてやろうと思います。


モーニング娘。’18「邪魔しないで Here We Go!」(Morning Musume。’18[Don’t Bother Me, Here We Go!])(Promotion Edit)

─最近、小田さんのセクシーさが凄いとファンの間では話題になってるんですが、その点で何か努力していることはありますか?

小田 グループ内に「かわいい」というジャンルの人がたくさんいる状況で、自分よりかわいい人ばかりなんだから、私にそのジャンルは無理だなと思って(笑)。それだったらカッコいいとか、色っぽいとか、そういう方が自分には向いてるかもしれないなと。例えば、前髪を伸ばすだけで変わるんですよ。パフォーマンしてるときに髪が邪魔だから首を傾けたり手で掻き上げたり。そしたら急に色気が出てきたとか、セクシーだったよって言われるようになって、そういうことなのかと。じゃあ、よりセクシーに見えるにはどうしたらいいだろうってことで、少女漫画をいっぱい読んだり、ドラマに出てくる大人の女性を観察してみたり、友達の話を聞いたり、そういうのを元に頑張って表現してます。そもそも恋愛が遠い場所にあるので、愛とか恋とかをセクシーに歌うっていうのはかなり難しいんですよ。あとは女性アーティストさんでセクシーに歌ってる人を見て、「なるほど、首筋がポイントかぁ」と勉強したりしてます(笑)。

─モーニング娘。はメジャーデビュー20周年を迎えましたが、モーニング娘。’18の一員としてその事実をどう受け止めていますか?

小田 この20年間という時間は、いろんな人がつないでくれたもので、誰かが一秒でも違う時間の過ごし方をしていたら成立してなかったと思います。それに対する敬意を忘れずに、モーニング娘。の先輩方にいつでも太鼓判を押してもらえるように過ごしていたいなと。いろんな人から愛されたいという気持ちを持って、与えられたことをしっかりこなしながら、メンバー同士が尊敬しあえる感謝を忘れないグループでありたいと思います。


モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)/モーニング娘。20th


花が咲く 太陽浴びて/モーニング娘。’18


Photo by Yoko Yamashita

小田さくら
1999年生まれ。神奈川県出身。2011年にハロプロエッグに加入し、2012年のモーニング娘。秋ツアーの公開オーディションで合格。同年9月14日にハロー!プロジェクトに加入し、モーニング娘。の一員となった。2014年1月1日よりアーティスト名の後ろに、西暦の年号を入れて表記するのに伴い、2018年1月1日よりアーティスト名が「モーニング娘。’18(もーにんぐむすめ わんえいと」に改名。現在はモーニング娘。’18の小田さくらとして活動中。

モーニング娘。’18 OFFICIAL HP
http://www.helloproject.com/morningmusume/



『二十歳のモーニング娘。』(初回限定盤)モーニング娘。20th

『二十歳のモーニング娘。』(通常盤)モーニング娘。20th



RECOMMENDED

おすすめの記事