ポールがビートルズのメンバーに贈った、幻のクリスマス・ミックスを聴く

JORDAN RUNTAGH | 2017/12/19 15:09

| 1965年にポールが制作したアバンギャルドなサウンドコラージュ作品が初公開(Photo by Mark and Colleen Hayward/Redferns) |


「あの頃はすごく自由で、いろんなことを試してた。一日中テープレコーダーをいじって、実験的なテープを幾つも作ったんだ」

その屋根裏部屋の隣には、デュオとして多くのヒット曲を出したピーター&ゴードンの片割れでありながら、アバンギャルド・アートに精通していたジェーンの兄、ピーター・アッシャーが住んでいた。ルチアーノ・ベリオ、ジョン・ケージ、カールハインツ・シュトックハウゼン等、彼を通じてさまざまな音楽に触れたことで、マッカートニーはロンドンのアンダーグラウンドシーンに興味を持つようになったという。「ピュアなポップに興味をなくしたミュージシャンたちが、より実験的な方向性を追求し始めていた」。バンドのドキュメンタリー『ザ・ビートルズ・アンソロジー』の中で、マッカートニーはそう語っている。「音楽的な異種交配が始まろうとしていたんだ」

マッカートニーは自作したサウンドコラージュを、世に出たばかりだったフィリップスのカセットテープに録音し、ヒップな友人たちが集まるパーティーでよく流していたという。「いかにもキマってる感じだった」。彼はマイルスにそう語っている。「どこかのハウスパーティで、夜の深い時間にラヴィ・シャンカールやベートーベンやアルバート・アイラーなんかが流れてたら、さぞ気持ちいいだろうからね」。サウンドコラージュに病みつきになっていた彼は、『ポール・マッカートニー・ゴーズ・トゥー・ファー』という身も蓋もないタイトルのソロアルバムのリリースさえ検討していたという。ジョン・レノンが強く促したにも関わらずそのアイディアは破棄になったため、『アンフォゲッタブル』は60年代にマッカートニーが残した唯一のサウンドコラージュ音源となっている。

その数週間前の12月3日に、ビートルズの『ラバー・ソウル』が発売されたばかりだったことを考えれば、マッカートニーによるそのプレゼントには、バンドに新たな方向性を提示する意図が込められていたに違いない。「奇妙で混沌としたサウンドだった」。ジョージ・ハリスンは『アンフォゲッタブル』についてそう語っている。「ジョンとリンゴと一緒にあれを聴いたとき、ポールが新しいことをやろうとしているんだって分かった。ポールはあの手この手で、僕らにエレクトロニックなサウンドの可能性を伝えようとしていたからね」翌年4月にバンドが再びスタジオ入りし、のちに『リボルバー』として発表されるアルバムの制作に着手した際に、バンドが最初にレコーディングしたのは、マッカートニーが作ったテープループを基にした「トゥモロー・ネバー・ノウズ」だった。

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事