世良公則&ROLLY対談:ツイストの名曲から70年代ロック黎明期を振り返る

By Joe Yokomizo
Photo by Takeaki Hanaya

―ということは、『あんたのバラード』はデビュー前からあった曲だったんですね。
 
S:そうだね。
 
―ROLLYさんが痺れたというその出だし、しかも歌詞の始まりが"あんたに"っていうのは確かに度肝を抜かれました。
 
R:僕、ロックっていうのは度肝を抜くようなものじゃないと嫌なんです。特にヴォーカリストは人それぞれ表現の方法が違っていて、それこそ100人いたら100通りあるけど、その中でも今まで見たことがないようなものに惹かれる。そういう意味で、世良さんには一発で惹かれました。さらに、ヴォーカリストは誰よりも口がでかくて頭から丸呑みされそうな迫力とパワーと爽快感が必要だと思うんです。ただ、その爽快感の部分は人によっては違っていて、例えばフラワー・トラベリン・バンドのジョー山中さんのような妖しい感じとか人それぞれの個性があるけど、みんなに共通しているのは観る者の度肝を抜いてくれるところなんですよね。最近では若干自分もおじさん化してきて、とうとう"最近の若い者は・・・"とか言うようになってきてしまったのですが(笑)、最近のミュージシャンは度肝を抜く感じというか・・・
 
―クレバーですよね。若いミュージシャンは。
 
R:そう、ソフトな感じがする。
 
―そもそも、あの出だしの発想はどこから出てきたんですか? 
 
S:あれは大阪が育んだ、ひとつの音楽の形だと思うんだよね。当時ロックミュージックがメジャーで成功するなんて誰も思っていなかったでしょう。僕らの前の世代、吉田拓郎さんや井上陽水さん、泉谷しげるさんとかが活躍していたフォークの時代は、学生運動があったりして若者が社会に対して何かメッセージを送りたい、反発したいエネルギーをブチ撒けていく活動の場として音楽が確立されていたけど、僕らの時代はフォークでもないし、ロックっていうと欧米人のようになることがいいとされていて、日本語で歌うロックなんて誰も考えてなかった。ただ、大阪・福岡・東京にはあったんですよ。グループサウンズから派生した人たちは横浜・横須賀辺りで独自のブルースをやっていたし、福岡ではめんたいロックが流行っていて、大阪も当時表面的にはへヴィメタやプログレが主流を占めていたんだけど、実はアンダーグラウンドでは憂歌団とかサウス・トゥ・サウスとかが日本語でリズム&ブルースをやっていた。今の"R&B"じゃなくてね。今はR&Bっていうとダンスミュージックみたいな括りになっているけど、俺らの頃は"リズム&ブルース"といえば黒人音楽だからね。そういうわけで、その頃から大阪には日本語でロックミュージックを歌う文化があったんですよ。フォークでもないし、シュガー・ベイブとかはっぴいえんどのようなポップな洋楽志向でもない、もっと土着な音楽だったんだけど、そこで僕は4年くらいアマチュア活動を続けていたんです。もともと広島で生まれて大阪に出てきて、天下茶屋とか粉浜とか、ああいうところで暮らしている中で大阪の持っているエネルギーを感じながら生まれた曲。そういえば、もともとあれは練習曲だったんですよ。
 
―そうなんですか。
 
S:僕はずっとベースをやっていたんだけど、当時のヴォーカルが就職面談に行くからコンテストに出られないということになって。これはまずいぞということで、コーラスもやっていた流れで僕がベースを弾きながら歌うことになった。で、当時8.8ロックっていうコンテストが大阪にあって、そこの決勝で初めてベースヴォーカルをやって、優勝しちゃったわけ。それ以来そのスタイルでやっていたんだけど、さすがにベースを弾きながら歌うのは難しいからベースを入れるかヴォーカルを入れるかどっちかにしてくれって言ったら、当時メンバーだった、今でも一緒にやっている神本宗幸がベースを連れてきたの。"え! ベース連れてきたの!?"って(笑)。逃げ道がなくなっちゃった(笑)。『あんたのバラード』は、スタジオセッションの時に家でアコギで弾いてた曲を持って行って、自分のヴォーカルの練習のためにその場でみんなでアレンジしながら歌を入れたのが最初の形だったな。その練習テープを楽器屋の兄ちゃんがポプコンの審査に送って、そこからはトントン拍子で。

RECOMMENDED

TREND