注目バンド"パスピエ"が表現する音楽とアート、その背景とは

By RollingStone Japan 編集部
自らのバンドの性質を"印象派"と称し展開するロックバンド・パスピエ

―パスピエの歌詞は世界観がしっかりしているというか、まるで短編小説や映画のような情緒がありますよね。そういえば、MVも大胡田さんが手掛けていらっしゃるとか。
 
大胡田:最初の頃の『電波ジャック』や『トロイメライ』あたりは私が全部絵を描いていたんですけど、最近は割と松本さんという監督さんにお任せしています。パスピエをすごく理解してくれていて、勝手に伏線張ってくれてたりとか(笑)、自分が思っていないところでパスピエを表現してくれてたりするんです。映像を撮ってくれる人もアーティストみたいな感じで、私が言ってやってもらうというよりも、一緒に作り上げていく感じですね。
 
-なるほど。では、成田さんの音楽のバックグラウンドは?
 
成田:もともとはクラシックです。ピアニストを目指していたんですけど、その途中でバンドをやってみたいなと思うきっかけがいくつかあって、それで始めた感じでした。今の音楽のルーツでいうと、ニュー・ウェーヴとか。キーボードをやっているというのもありますし、いろいろクラシックとつながる部分もあったりとかして。バンドで言うとYMOだったり、そういうシンセを使ったレジェンドの音楽を洋邦問わず聴いていました。
 
―そこをロックに昇華させるきっかけは何だったんですか?
 
成田:時期によっていろいろあるんですけど、まず、そもそもロックをやってみたいと思ったのはフェスを観に行ってバンドに憧れたというのが理由で、あとパスピエとしてもっとロックサウンドというものを意識してみようと思ったのは、やっぱりこういう形式の女性ヴォーカルバンドなので"ロックをやっているバンド"として見られない時期がすごくあって。別にそれが嫌だったわけではないんですが、自分たちとしてはロックバンドをやっているつもりだったので、パスピエとして出来るロックというものを考えて意識して曲を作ったりしていました。
 
―初期はもっとピコピコした感じだったとか?
 
成田:はい。ストリングスを入れてオーケストラアレンジした曲があったり、基本的にシンセの音をダビングしているので、音数が少ないソリッドなバンドサウンドというところとは結構真逆の路線だったかもしれないです。
 
Interview by Rika Suzuki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND