『3月のライオン』後編:大友啓史監督が分析する神木隆之介の魅力

By RollingStone Japan 編集部
大友啓史監督が分析する神木隆之介の魅力:『3月のライオン』後編。(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
稀代の実力派、大友啓史監督と俳優・神木隆之介が語る、映画『3月のライオン』で目指した"一歩先"の風景とは?

3月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかに終わる——。

この春の訪れを表現した英国のことわざにあるように、ベストセラーコミックの実写映画化『3月のライオン』後編は、主人公・桐山零が数々の試練に晒され荒々しい闘いが続いた前編に比べて若干穏やかなトーンで始まり、原作では描かれていない未知の領域へと突入していく。しかし、子羊のような穏やかな季節が続くかと思いきや、大切な人たちを守るための新たな闘いが、零を待ち受けていたのだった。

日本映画界に衝撃を与えたアクション映画『るろうに剣心』での出会いから数年。大友啓史監督と神木隆之介が再びカメラ越しに顔を突き合わせ、共に挑んだ子羊の皮を被った猛猛しい映画『3月のライオン』を語る。


(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

—最初、原作漫画のビジュアルを見て、「このほっこり青春映画を大友監督が?」とびっくりしたのですが、蓋を開けてみたら「なるほど!」と納得しました。まさに"闘い"の映画でしたね。

大友監督:実は僕もこの話をもらった時、「なんで俺にきたのかなって?」って思いました。「なんだ、このパステルカラーの絵は!」って(笑)。でも読んでみたらまさに"斬り合い"の物語で、やりたいって思ったんですよね。

—命をかけた盤の上の一騎打ちですよね。

大友監督:本当にそうです。冒頭のシーンは、神木君演じる主人公、桐山零と彼の義理の父(豊川悦司)との戦いで始まるんですけど、その試合後、零が家に戻ってある父殺し事件のニュースをラジオで聞くじゃないですか? どんな物語もだいたいテーマから始まると思うんですけど、漫画もあのエピソードから始まってるんですよ。つまり零は、お父さんを将棋で負かして、「お父さんを殺しちゃった」と思って涙を流すんです。これはかなり苛烈な話だなと思ったんですよ。

一見、零は飄々として見えるかもしれないけど、心の奥底にライオンを飼っている。「他人の子供を蹴落として僕は生き残ってきた」っていう零の過去のエピソードも含め、「俺はライオンだ」ってことなんです。これは勝負師の青年の話。その勝負師の卵がどうやって成長していくかっていう話だから、すごく苛烈な物語なんですよ。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND